無塗装の木は50年いける!・・・か?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Dsc06594

50年経た家の建て替えです。

この解体される家は50年を経ており、外壁は杉の無塗装です。

Dsc01583

庭(緑と花)があればこの木の外壁が綺麗に見えるから不思議です。まるで和製ターシャの家です。近づくと・・・

Dsc06597

カビだらけの外壁・・・この黒い色が木の外壁の50年後の最終姿です。遠目から見るとシルバーグレーですが実はカビの黒と退色の白肌が混じってできる色です。しかし外壁の機能はしっかり維持しており現役、と言うことは50年いけると言うことでしょう。

Dsc06600

古い家は驚かされる事ばかりです。以前違う記事でもご紹介した木の庇・・・こちらも50年経ってもまだ形が残ってます。この庇は「木は薄いほど腐りにくい」生き証人です。

Dsc06606

もっと驚くのがこちらの写真。これ、同じ杉板が50年経過したところ。

色と質感があまりにも違います。聞いたのですが、一度も貼り替えていないとのこと。と言うことは左側の外壁が竹林で守られ風化が遅く、南側は日射で風化が早かったと言えます。

Dsc01597

建物西には立派な竹林があり、季節風から建物を守っています。

Dsc06603

なぜこうも綺麗な外壁なのか?竹林の成分が木を守るっているのでしょうか?もう一度複数の証言を得たいと考えておりますが、これは凄い発見です。

Dsc06610

帰り道に石油の里の「中野邸美術館」へ立ち寄りました。目的はこれ・・・

Dsc06616

木(杉)の屋根 (塀です)。薄い木は腐りにくい事を昔の人は良く知ってました。
乾けば腐りにくいのが木(杉)なのです。

Dsc06622 水ではなく原油のような真っ黒な石油

石油の里だけあって、道路脇には石油の貯蔵穴があり、異臭をはなっています。雨ならこの石油の下に水が沈んで排出されるのかな~。私は廃墟好きなのでこんな所が大好きです。

Dsc06619

掘削用の大きな滑車。直径2mはあります。

Dsc06627

石油の桶・・・。今度ゆっくり見に来たいとおもいました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする