続・続・超高断熱の家 雨の日の上棟

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

P1250989

秋を思わせる空・・・

その下で荒町2丁目の家は建築中です。

秋は安定した天気は望めず、一日おきの晴天と雨が繰り返されます。晴天だった昨日から一転、今日も明け方雨が結構降りました。

P1250986

荒町2丁目の家は既に防水シートが貼られておりますが、このシートは普通のアスファルトルーフィングです。しかし当方の指定したのはゴムアスファルトルーフィングなので違います。実は先週雨が酷くなる前に何とかこの防水シートを敷きたくて手持ちのこのシートを敷いたそうです。で、今日は・・・

P1250988

その上からもう一枚ゴムアスファルトルーフィングを敷き始めました。重ね貼りなのでより一層防水性が上がったかもしれません。

P1250984

荒町2丁目の家は、寄せ棟で母屋下がりという屋根で、この部分の破風の納まりを大工さんに伝えるのが結構やっかいでした。雨樋の屋根より出寸法を短くしたい「緑の家」は、標準ではカネ勾配の破風と鼻隠しにします。カネ勾配とは屋根に対し直角のこと、一方「たつ勾配」とは地面に対して垂直な破風と鼻隠しになります。

普通はこの部分はたつ勾配が標準でしょうが、どうしてもカネ勾配で納めたかったので、現場で討論となりましたが、無事設計図通りの納まりとなりました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする