Aグレードにおける耐震性(法律より5割増の基準)

d-2平成16年10月23日に起こった中越地震では長岡市内には2棟の「緑の家」が既に建設されておりました。又、平成19年7月16日に起こった中越沖地震では柏崎の海岸部に1棟の「緑の家」が完成したばかりでした。
この3棟とも軽微な被害、又はほぼ無傷であったことは「緑の家」の高い耐震計画を示す証拠です。その3棟の耐震基準はいずれもBグレード(品確法等級2相当)です。今後この2回の地震を大きく上回る規模の地震にも十分に耐えうることができ且つ、軽微な被害で済むように仕様決定したのがAグレードの耐震基準*です。(品確法等級3相当)

* 但し大きな吹き抜けや開口部の大きさが制限される場合があります。