新潟市白山浦の家 屋根通気

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

昨日上棟した白山浦の家。途中まで曇り空だったが午後から小雨がぱらついた。

白山裏の家は笹越橋の家から続いて勾配天井のある平屋。そのため2重になる屋根合板の間に30mmの通気層を確保して上棟するので、手間が多少かかる。

この屋根通気層は「緑の家」1999年(平成10年)頃の設立時から行っている。巷ではこの必要性が叫ばれ始めたのが10年くらい前の2010年(平成21年)くらいだからここも自慢できる「緑の家」先見性である。

2枚目の合板を貼ると屋根の木下地は完成する。棟には換気口が取り付き通気層内の空気を排出する。勾配天井の場合この通気層がないと、積雪地である新潟県の屋根の耐久性は結露によって著しく低下する。

ところで・・・

外壁の通気工法はもう有名だがこの普段聞き慣れない屋根通気層の法的根拠は・・・実はまだないとも言える。

小屋裏換気の代わりとなる屋根通気層は耐久性の観点から必要な機能であるが、性能表示制度の国が監修している↓マニュアルにおいて小屋裏が無いので屋根断熱する場合は小屋裏換気の基準がないとの解釈となる。

この本の耐久性の基準であるページには・・・

小屋裏が無い屋根断熱時には小屋裏換気は必要無い(ピンクのところ)・・・まあ小屋裏が無いので室内環境になるため換気が出来ないと解釈する。

しかしよく読むと、

この性能表示マニュアルにおいて屋根通気の根拠が出てくるのは温熱環境の基準(断熱性能)があり↓のページになる。

上図の透湿抵抗比では、透湿抵抗が低い瓦など想定してとおもわれる。しかし近年多くなったガルバニューム葺きだと、薄くとも金属の透湿抵抗は計算上無限大なのでNGとなる。この場合、通気層を外気として定常計算するしかない。

そこには屋根断熱で小屋裏空間を作らない場合は、透湿抵抗比によって屋根の内部結露の安全性を確認しなければならない記述がある。これは冬期の内部結露対策であって、夏期結露や雨水の長期浸入対策では無いことがわかる。この基準はそのまま長期優良住宅の基準であるため屋根通気層を持たない、又は透湿抵抗比、その他計算によって内部結露無しを確認ししなければ長期優良住宅として認められない。

つまり新潟県のほとんどを占めるガルバニューム鋼板葺きの屋根断熱時は、ガルバニュームの透湿抵抗が無限大になるので屋根通気層が必須であると言える。さて巷では行っているだろうか?

一方先日も紹介した国総研の耐久性の研究では、雨漏れの釘穴から浸入などの乾燥を速やかに行うためには、小屋裏換気の重要性が確認されており、これは屋根断熱でも同様であるが、下の平成10年の住宅金融公庫(実質国のマニュアル)にはそのことが「望ましい」との表現になっておりこれは20年以上経過した今も同様の表記である。近いうちに追加訂正されるはずだが、通気層の雨水浸入時の乾燥・排出効果がまだ定量的に評価できていないかもしれない。

平成10年発行のこの国のマニュアル本の下のページには・・・

解説には小屋裏換気は必要無いが、屋根通気層を設けるのが「望まれる」となっており、屋根通気層も耐久性アップの必須条件では無いが、ある事が望ましいと32年前から同じ。しかし国総研の研究結果から近々変更されると思われる。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする