「 2009年07月17日 」一覧

見学会の地図が間違ってました。  感動の壁!!

まず最初に、当ホームページの見学会の地図のご案内で、一ヶ所地図のリンクが間違ってました。25日、26日、27日開催の見学会の場所は、

http://map.yahoo.co.jp/pl?type=scroll&lat=37.63455484&lon=138.96100444&sc=4&mode=map&pointer=on&home=on&hlat=37.64326083&hlon=138.95784889

です。申し訳ありませんでした。

Sdim6583 さて、その会場で是非この壁をご覧ください。玄関正面の壁に「平板いぶし陶器」を積みました。厚さ15mmの陶器なので、寸法や平滑性はまちまち。それをいかにバランスよく組み立てるかが「職人」さんの仕事です。決して特別高価な素材ではありませんが、使い方と仕事への気持ちでこれほどになるとは・・・。

照明で照らされた瞬間「感動」ものです。見事ですね。この仕事。

この照明のスイッチを始めてONしたのは、貼ったご本人。仕上がりを見て大満足。拍手です。

Sdim6586 和室の照明もスイッチON。こちらも見事な金色のあかり。和室使いとしてはよい感じです。茶室としては少し派手気味ですが、お茶は照明レスで行う事が基本ですからOKです。


ご馳走様です。Q値0.99w/℃m2以下の超断熱の家 出航ですね。

Dscn7050 昨日建て主さんから好物のシフォンケーキをハーフホール頂きました。ご馳走様です。

写真の取り方がいまいちなので伝わりにくいと思いますが、「幸せな」味です。 現在実施図面が終わり見積もりです。完成までまだ5ヶ月もありますが、とっても楽しみです。

そのWAKUWAKUした楽しみとは・・・

国交省の「長期優良住宅の先進的モデル事業」に応募した時に「モデル」となった家で、オーブルの過去12年間の内容とこれからの「緑の家」の姿、すべて投入したそんな家です。細かい納まり部分に力が入ります。計画中にもこんなにWAKUWAKUしますから、完成するころには、気絶するかもしれません。(*^-^)

ざっと革新的な部分としては、

・玄関床と家の縁が切れており、土壌型シロアリに対し万全の構造

・床下に排湯熱回収システムを設置

・小屋裏剛構造(床倍率3)

・床下と基礎の高さの最適化

・内装に本物漆喰壁全面採用

です。もちろん仕様はQ値0.99w/℃m2以下の超断熱SSプランでかつコンパクトな家となっており、家周囲にはご実家の広い菜園も完備、無論太陽光発電設置・・・などなどこれからの家のお手本になりますね。また、私自身も水には多少拘りがあるのですが、私でも「なるほど」と思うような「超軟水計画」や「プラグインカーコンセント」、「自流仕上げ」、「重曹食洗機」・・・等など。ここに中水利用とと太陽光温水が加われば、エコ住宅の教科書の表紙を飾るようなそんな家です。私にとってエコとはただ単に天然素材やカーボンフリーな燃料で暖や冷をとる家ではなく、快適性を損なうことなく、合理的、科学的に無駄のない「様」の家と楽しむ生活そのものと思っております。特に汎用の技術で簡単、ローコストと言うのがキーワードです。

さて今回は、光栄にも私にも漆喰の施工をさせて頂ける名誉付です。さて、設計はすごく自信があるのですが、鏝さばきは・・・(^-^; いえ、自信があります。そのころまでには・・・。(o^-^o)

たぶん鏝塗りの予行練習を他の建物で秋くらいに行えるので、大丈夫だと思います。任せてください!!(笑)

Sdim4950_2 完成模型です。シンプルな造詣です。