感謝です。9.19集会・パレード IN 明治公園 その②

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Dsc03173

なぜオーブルデザインはこれほど「No Nukes」を叫ぶのでしょうか?

なぜなら・・・

家造りを考える建築士は目先の事だけを考えていない珍し職種だからです。

家は最低でも30年、期待値では50年は維持できる性能が求められます(設計寿命はそれ以上)。いつかくる震度7クラスの大地震(中越地震で震度7はほんの一部地域のみ)を想像し、10年後にくるエネルギー高騰と、また2~30年後にくる化石燃料の取り合い(枯渇)。
だから長期を想像する癖がつくのですが、その癖から原発を見るととても事故が起きる確率が高いと想像できます。震度6以上の地震で壊れる事がわかった原発は、もし阪神大震災クラスの地震が直下で起これば、間違いなく壊れます。もう一度原発事故がこの先どこかで起こると、生活(住まい)どころではなくなります。だから反対したいのです。もちろん使用済み核廃棄物処理問題が一番です。

Dsc03174

このかわいい子供がプラカードを持っていることからわかるでしょう。パレードとても平和的に行われているのですが・・・③では・・・悲しい現実です。

明治公園 9.19 脱原発パレード その②

こちらにユーチューブの元動画をアップしてあります。

明治公園 9.19 脱原発パレード その③

こちらにユーチューブの元動画をアップしてあります。

③の映像には、少し寒気がする映像が写ってます。これを取り始める1分ほど前に、歓声が聞こえその直後に怒号に変わりました。
その怒号の発生場所に目を向けると、ある男性がもの凄い形相でパレードのちょっと年配男性に路上で因縁をつけています。びっくりしました。するとパレードの他の参加者が廻りを囲み、なだめているところに私服の公安(私服警官も)がその男性を歩道に戻しました。それからカメラを回しましたが、そのカメラに気づいてからは、警官がその男性の廻りを取り囲み路上に出ないようにしてました。しかし男性は警官をからかうようにあくびをするふりをして路上に出ようとする動作をしています。

最初から警官が取り囲んでいれば怒号が無かったのに不思議な感覚でした。一部ネットで言われる「やらせ行為」でパレードの中から逮捕者をわざわざ出させるような状況を造っているようでした。

今までは半信半疑でネットのこのような映像をみてましたが、実際自分で目にして公安や警察は市民の味方ではなく、やはり政府側の人たちと認識しました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする


コメント

  1. オーブル浅間です。 より:

    saccho様
     コメントありがとうございます。
    実は理念とか意志と言うより単純で感情的・・・です。
    大きなうねりとエネルギーを感じるとともに、巨大な壁も同時に感じました。それでも、参加してよかったです。

  2. saccho より:

    東京まで行かれたんですね。
    その理念と意思と行動力にますます敬服です。
    国家の裏の一面を覗かせるような嫌な場面もあったようですが、
    それも全国から大勢の人々が原発反対のため集結し、
    無視できない力を発揮し始めたためなのでしょう。
    今日はニュース、ワイドショウでも取り上げられていました。
    これをまたこの先に繋げていかないとですね。
    わたしも次の機会には是非参加できればと思います。