構造を第一に考えるから・・・この意匠

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Dsc03564

オーブルデザインの「緑の家」はやたら火打ち(上写真の矢印)部材が多くあります。

特に吹き抜けが大きいとか、開放的な間取りの場合その本数が多くなりますが、これは耐震性を高める(2階の床剛性を確保)する為の大事な部材です。

Sdim0867

あそこにも、ここにも、と火打ち部材が配置されます。逆にこのくらい配置されないと耐震性で長期優良住宅の最低限の基準です。

そしてその止め付け金物が隠れて設置できることが当事務所で使っているクレテック(テックワン)金物の良いところです。

下の写真は一般的な木造の金物取り付けです。金物は隠すことが前提の工法で無理矢理木を露出させようとすると、見た目が悪いボルトや金物が出てきてしまいます。

チラシなどでよくこの見た目が悪い金物を嫌って、金物そのものをを付けていない現場を見ますが、ほぼ間違いなく法律違反です。

_sdi2383

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする