ドルゴ通気弁・・・

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Dscf0329体長は1mm~2mm。

この羽虫・・・キノコバエらしい・・

今この羽虫が事務所で大量発生しております。

Dscf0326ゴマより小さい

窓下にこのような死骸が沢山あります。

原因はわかっております。2ヶ月前に観葉植物に追肥した「油かす」が原因です。
先月お伝えしたように油かすを撒いてから一週間匂いが酷く困ってしまいましたが、その匂いが納まった頃にこのようなキノコバエが大量に発生しました。

コーヒーカップの中やご飯を食べているとその中に飛び込んで来ます。ここは山の中か?と錯覚します。殺虫剤は嫌いなので少し様子をみてみます。

Dscf0316

さてドルゴ通気弁ですが・・・

荒町2丁目の家で、
「浴槽のお湯を流すとわずかに排水の匂いが床下エアコン付近からする」
との事で今日確認に行ってきました。

すると原因は、

Dscf0339
キノコのような形がドルゴ式通気弁

ドルゴ式通気弁が大変怪しいとわかりました。当初はヒートファクトリーの配管ミスもあったのですがそれは修繕されたので何がおかしいか一つ一つ考えてみました。
従来は通気管という管を2階排水口などに取付けます。これは器機に設置しているトラップ(封水)が破られないようするためですがこの通気管は屋外設置が基本です。近年近隣が接している家が多くなり、通気管からもれる匂いが隣家の窓から侵入することでクレームになる事もあり、現在は屋内に設置するドルゴ式通気弁や外部地上面に設置する通気トラップマスが主流となりました。屋内設置のドルゴ式通気弁は弁が揺れ動ごく事がありその時にわずかながら臭気が室内に漏れる事があり、普通は少量なので気がつかないのですが、床下エアコンで強制的に空気を回すことで直ぐに室内に臭気が入ることで影響がでたようです。

Dscf0342
ドルゴ式通気弁を撤去したところ

そこでこのドルゴを撤去して様子をみることになりました。実は外部にも通気トラップマスがついているので撤去してもトラップ切れの影響はなさそうです。
気密性が高くなると今まで気がつかなかったわずかな臭気でも問題になります。その時に「緑の家」の床下空間はいつでもメンテナンス簡単にできるので本当に助かります。

Dsc03605
床下内から床下エアコンの吹き出しをみる。配管露出、間仕切り壁にはGWを押し込んで暖気止め用。

さてこれで納まる事を願いますが、この臭気で何回か問題があっただけに少し心配して様子をみることになります。

さてお知らせですが、

Dscf0348年前の荒町2丁目の家見学会での忘れ物

一年前の見学会の時に置き忘れで保管していた幼児用長靴ですが、お申し出がないようならそろそろ処分したいと思っております。このブログから7日目に処分します。もしお気づきの人、ほしい人がいれば差し上げますのでご連絡を下さい。サイズは14EEです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする