驚異の超高断熱Ua値0.22w/m2k 完成見学会4月29日

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Dscf1795板金職人さんが5人で行う外装工事。近年人気のコットンホワイトの外壁。

ここ数年で最高の断熱性を誇る長潟の家の完成が近づきました。完成見学会は4月29日(祝日)を予定しております。

昨日急に板金屋さんに現場に呼び出され打ち合わせを行ってきました。
と同時に板金の納まりもチェック・・・。これだけ大人数の板金屋さんの仕事は早い、早い。

Dscf1805巾2.5mもあるトップライト・・・

家が密集する市街地のため採光を確保するのは大変です。そこで建て主さんはトップライト(バルコニー屋根)のご希望がありました。このトップライト、結露の心配が無い屋外ですから既製品ではなくオリジナル造作です。確かに・・・明るいです。

Dscf1810

小さな窓にも立派な庇が付く「緑の家」SS標準仕様の家。

Dscf1815
サッシ下にも熱橋防止の押し込まれた断熱材が見える。

窓はコロンブスの卵的な発想の樹脂サッシを普通の家とは違い奥に取付ける仕様です。これはオーブルデザインが推し進めている外壁を壊さなくてもサッシ外周の取り換えでサッシの単独交換可能が可能になるデザインです。こちらの写真でもわかるとおり外壁は既に完成しておりこの後にサッシ外周を仕上げます。

Dscf1803
家族の間の畳コーナー壁は珍しくクリーム色の壁。内装はほぼ完成。

長潟の家は県内で最高の断熱性となるUa値0.22w/m2K・・・これは省エネ法の新潟市での基準値の1/4となる驚異の外皮を持つ家と言えます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする