新潟市白山浦の家 屋根通気 その2

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

平成4年発刊のマニュアル。今もこの本が結露防止の基本的指針である。とはいっても30年近く経つので少し内容が古い部分もある。

その2では最近多くなった屋根断熱時の現場吹きつけウレタン断熱時についてのこと。

長期優良住宅の屋根断熱時には内部結露を防止する根拠が必要。普通に考えれば長期優良住宅でなくとも必要だが。

その1でお伝えしたとおり、屋根断熱時には屋根通気層が内部結露防止には必要でである・・・と上でしめしたとおり性能評価(法律)のマニュアルに記載がある。その屋根断熱の構成が内部結露防止が可能であるかの評価方法は、まず透湿抵抗比となる。しかし屋根にガルバニュームなど金属葺きにした場合は、金属の透湿抵抗は無限大になるので(一般的に金属・ガラスは湿気を通さない)、この評価ではNGとなる。よって次ぎに内部結露防止を担保する簡単な方法として、定常時の透湿抵抗と熱伝導抵抗から境界のRH(相対湿度)%を算出することで判断できる。

この方法で代表的な屋根断熱を現場吹きつけウレタン断熱材で考える。当然通常の現場吹きつけウレタン断熱は防湿シート(気密シート)を設けない条件である。

構成は室内側から

PB(プラスターボード)9.5mm
現場吹きつけウレタン断熱 120mm
合板12mm
屋根通気層30mm
新潟の冬(屋根に雪が積もっている状況)で通気層0℃、RH(相対湿度)90%

とする。一般的な条件に従って内壁仕上げ材のビニールクロス等は除外する。これは防湿シートと違い、間仕切り壁内上部等には貼られないためそこから湿気が屋根内に抜けるので局所的に内部結露が起きるからである。よってビニールクロス以外でも仕上げ材は参入しない。決して後々剥がす事もあるからではなく、施工位置・方法が防湿シートと根本的に違うからであり、当たり前だがビニールクロスが防湿層の代わりにはならない。

計算すると・・・
合板と現場吹きつけウレタン断熱の境界でRH(相対湿度)が100%を超え結露する結果になる。つまりNG※である(2℃90%でもNG)。設定条件によって変わるが、少なくとも余裕がほとんどない危険側になりやすい。

※夏型逆転結露については有利になる。ただしまずは屋根からの漏水防止が一義的である。

確かに上で紹介した平成4年IBEC発行の「結露防止ガイドブック」の中に、

下のような表がある。

上の37Pで紹介されている防湿気密シートの必要性。

地域環境によって室内に防湿層が必要かまた簡単なものでよいか、それともしっかり貼る別付防湿層がよいのか・・・という判断表である。これによると、日本で一番寒い北海道とおなじように新潟の方も別付防湿層が推奨仕様となっている。また愛知や京都、東京も、香川、熊本でも別付防湿シート(断熱材とは別にはる防湿シートのこと)が推奨されている。この本は平成4年と古く当時とは違い研究が更に進み簡単に非定常計算が簡単にできるので少し変わっているが、それほど新潟県の雪が降るか降らない温度帯でも内部結露に対し厳しい温湿度といえるのである。ですので・・・防湿気密層はやはり必要との認識である。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする