高気密高断熱とハイブリット自動車

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

HPを開設し、事務所を開いてから10年になろうとしている。その間お手伝いさせて頂いた家は、高気密高断熱住宅が100%である。これは誇れる事と自負している。10年前のHPを見れる大手メーカーのサイトがあれば(もう見れないと思うが)、当時の大手メーカーの本州において薦める家は高気密高断熱ではない。それどころか、高気密高断熱住宅を否定しているメーカーもあった。今や高気密高断熱当たり前で更にQ値が1.0W/(m2K)以下の住宅まで商品として販売しているメーカーもある。「高気密高断熱でなければ家で無いのか?」とお叱りを受けるかもしれないが、冬の家と同じ温度差がつく冷蔵庫では、「断熱材と気密パッキンは必要無いか?」と問うと皆、「冷蔵庫といっしょにするな」と反論あろう。しかし実際は両方とも温度差20度は当たり前、新潟にある家の方が強風を受けるので冷蔵庫より真冬は過酷状況なのだ。だから断熱材も気密材も必要なのである。

Dscn3937 私はハイブリッド自動車に7年前から乗っている。当時は「ハイブリッドは電気自動車か燃料電池自動車までのただの「ツナギ」。10年後は電気自動車が主流だよ。」と言われたが、実際はこれからがハイブリット自動車の主流時代となる。今日報道でGMが今までの「大型排気量自動車」主体から環境を考え「小型燃費向上車」の開発をすると流れ、本格的にハイブリット自動車主流に大きく流れが変わろうとしている。これは、高気密高断熱住宅の出始めにそっくりである。ハイブリッド自動車はやはり割高。だから買わない。とのご意見もあろうが、高ければ少しグレードを落としてハイブリッド車を選択する方法もある。例えばクラウンスタンダートクラスであればプリウスフル装備と言う感じ。見た目より実性能で選ぶと言う事である。無論資金がたくさんあれば、レクサスハイブリッドなど如何だろうか?価格は750万~^-^; くらい・・・。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする


コメント

  1. 珪藻土ガイド

    珪藻土に関する総合サイト。珪藻土とは、珪藻土の比較、珪藻土をネットで購入、珪藻土の通信販売、珪藻土リフォーム、東京・横浜・川崎の珪藻土業者を紹介します。

  2. トヨタ、「レクサス」が世界最優秀車賞、日本車で初

    メルマガあり□日米欧などの自動車ジャーナリスト約50人が投票で選ぶもので第3回の今回で初の日本車受賞となりました。最高品質の性能が認められた形となりMade in Japan健在の強さを見せています。<参照元ニュース:Yahoo!>http://headlines.yahoo.co…

  3. ナショナル パーソナル冷蔵庫(直冷式) コンパクト1ドア

    冷蔵庫ならナショナルから選ぶのがBEST!スタンダードタイプから、新製品、ミニ、冷凍まで

  4. プリウス

    プリウスの情報をたくさん集めました。