遠方の「緑の家」 ・・・その気密

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

012
千葉県で施工中の屋上がある「緑の家」

今ほど千葉県で施工中の「おゆみの家」の建て主さんから

「中間気密測定でC値0.3でした」

とSMSがきて嬉しくなりました。

006
関東地域らしく南の大開口部

千葉県のため工事監理はしておりませんが、

本格的な気密施工が初めての現場監督さん、大工さんと
同じくはじめてな電気屋さん、設備屋さんだったにも関わらず0.4以内の気密結果です。後は完成までこの気密を維持できるように更なる管理を関係者さんには御願いします。

確かに一度だけ気密施工中の現地へ伺いましたが、私は殆ど気合いとかけ声だけでなにもしておりませんから、最初から0.3cm2/m2が出せたのは建て主さんのほぼ毎日の工事監理が一番の理由です。その次に施工業者さんの努力でしょう。いずれにしても気密施工はやる気があるか無いかだけで、特別のこと(技術や経験)ではありません。そのやる気とは・・・気密が基礎と同じように絶対必要な住宅のmonoかどうかを心で理解しているかどうかです。理解していない人は形だけ、頭だけの仕様で終わりますから気密が思うようにでないのです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする