新潟市が大阪市より蒸すの?2

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2015.08.19 緑字修正

6543223都市の真夏の気温と露点温度

昨日ご紹介したこの図・・・。
自分で見ても新潟が如何に窓が開けにくい地域(真夏通風不可)かわかります。

どうか「網戸はいらない」が普及しますように・・・と勝手に祈ってます。

このように気温だけでは判断出来ない建築環境が沢山ありますが、住宅ではどうも湿気になかなか光が当たらないようです。

438452
ご存じ空気科学・・・湿り線図

数年前からブログで紹介しているこのグラフ・・・

露点温度は・・・わかりやすいですね。
露点温度は空気の持つ熱(人に影響を与える熱)そのものですから、視覚的にも数字的にも簡単にわかると思います。

「空調された部屋の空気は比エンタルピで58KJ/KGで真夏の朝の比エンタルピは70KJ/KG・・・だから窓を開けて通風はしないでね」

といっても KJ??何のことや・・・
でも、

「空調された部屋は露点温度17度の空気で、早朝の屋外の空気は露点温度23度で6度も外気が高いので通風しないでね」

といった方がよくわかります。17度と23度って言えば外気が6度高い温度と直感でピンときます。

このように露点温度表示便利ですが、この露点温度表示の温度計がないのです。高い1万以上する器機ならあるのですが・・・。どなたか販売しませんか?無論屋外と室内の同時2点表示できるセンサーで価格は5千円。売れますよーーーきっと。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする


コメント

  1. オーブルの浅間です。 より:

    ひらぱー様
     もう・・・感謝です。m(_ _)m
    間違いに全く気がつきませんでしたので、ご指摘頂き恥ずかしい思いをすることが最小限で済みました。
    ほんとありがとうございます。
    やっぱり慌てる、夜中、ろくな事はありません。
    夏は露点温度表示・・・みんなで是非広めましょう!

  2. ひらぱー より:

    いつも大変楽しく拝見しています。
    湿度の表示には私も露点温度が便利だと思います。
    ただ、今回の空気線図では、「空調された部屋は露点温度約17度の空気で、早朝の屋外の空気は露点温度約23度」ではないでしょうか。