改めて無塗装の床をお勧めする理由・・・②
 55年経たヒノキの床

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

改めて無塗装の床をお勧めする理由」にコメントを頂いたので急遽その続きである。

この自然な艶と色・・・見事である。特にメンテナンスはしていなかったとの事。これで55年経っている。

これ・・・なんだかわかりますか?百聞は一見にしかずの例・・・。

55年使ったヒノキの床である。これって汚く見える?この表情は美しい時を感じるだけ。
建て替えで解体の時にわざわざ建て主さんから取り置きして送って頂いた床の一部である。
無論・・・無塗装でメンテナンスなんておこなっていない普通に気兼ねなく使った床と聞いている。

この床が貼って有った家。

貼ってあった床から切り出したところ

こちらが55年経った家構えで歴史を感じる。

霧吹きで水を掛けると、左の新品は直ぐに水を吸込むが右の55年経たヒノキは少し水を弾きながらゆっくり染みこむ。

さてこの床に霧吹きで水を掛ける。左は新品のヒノキの床で、右が55年使い込んだヒノキの床である。ものの見事に新品はあっという間に水を吸込むが、使い込んだ床は薄い膜を表面に造っているのでゆっくりと吸込む。つまり汚れにくくなっていると言う事。

白い線の枠内が水が染みこんだあと。

横から見ると一目瞭然。

しかしもっと重要な事は、手で触れたときに両方の手触りの差はあまり感じられない。これが人の手の自然オイル拭き取りだとやはり差があり、オイルのほうは「べたっ」とする。

きっと膜の出来方が違い、自然に膜ができたほうは湿気の分子は通すが、液体の水は通さない表面の構造なのだろう(まるでタイベックみたい)。

この水に引き方の違いを見て・・・。 ところで55年も違う床が普通に合致組み合わさる不思議。

この床は「緑の家」の宝である。55年の時はお金では手に入れられない品物。

但し・・・

但し・・・気になることもある。

表面は艶々だが床と床の隙間になるところは・・・埃とカビが同居している感じの汚れが見られた。つまり・・・カビには敵わない場所、部分がある。それは掃除が出来ないところ。隙間や床裏、壁中、懐である。
3年前(2015年)、カビは家の寿命を決める大きな因子と私は仮説をたてたが正にその事実がここにある。

カビが家の寿命を決める!その2
さて、その1では・・・40年前にあまりにも木に化学物質を染みこませたり、塗ったりしてカビを防いでしまったのでその反動で近年自然素材ブ...
カビが家の寿命を決める!その3
設計屋で特に技術系の私が、 家の寿命はカビの有無できまる・・・ と宣言している事自体自分でも驚いております。 きっと業界の...

私がお願いした事を忘れずにこれをわざわざお送り頂いた建て主さんには心よりお礼申し上げます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする