「 2013年01月 」一覧

履歴(設計図書)や積雪荷重プレートの大切さ

Dscf1324 写真は片貝在住のOさん撮影。飴のように曲がった鉄骨柱(アイボリー色)。すさまじい現場。

衝撃的な鉄骨柱の曲がり・・・

こちらは小千谷市片貝のある工場の倒壊写真です。

現在小千谷市では積雪2m弱。この雪の重みに耐えかねて大きな工場(倉庫)が崩れ落ちました。昨夜のTVニュースにも放映されました。

続きを読む


嵐のあとの静寂

Dsc099955時前の自宅前の海。昨日まで大荒れだったが今は何もなかったような静けさ。ゲインアップしすぎで偽色が発生

寺泊ではこの3日間風速12m以上で大荒れ。ようやく昨晩から静寂がもどり、今朝5時前の海には、大きなお月様(家守の弁)。

続きを読む


この時期だから薪ストーブを見にいく  その3

この時期だから薪ストーブを見にいく  その1とその2に引き続きその3です。

Dsc09969 ころっとしたECODAN-FC650。ちょっと大柄なストーブ。

伺ったのはその1その2と同じ「暖テックス」さん。以前は第二工場でしたが、今回は古い方の第一工場(こちらが本社?)で。

やはり三条市にあり本来の業務は大型の機器の溶接屋さんです。

続きを読む


家の見学会に行くときはこの放射温度計が必須になるか?

これから家を見に行くときはこの放射温度計が必須になるか?

冬の見学会が各場所で様々なメーカーや工務店さんが行っていると思います。その時に必須なのがこの温度計・・・。

そうですね、放射温度計(非接触温度計)です。

Dsc09767 玄関戸下の床面温度約20度(放射率0.95)。

始めに・・・
昨日の完成見学会にお見え頂いた皆様、時々雪の中、大変有りがとうございました。

さて、普通の温度計ですと、その温度計自体がその部屋の温度になじむまで5分以上の時間がかかりますが、放射温度計は瞬時にその表面温度を表示してくれます。この点は見学会に行ったとき、取り出して瞬時に測れるので、大変重宝します。

幾ら説明で「高性能な家ですよ」と営業さんが言っても、この温度計で「ピッ」とはかれば事実が明らかになります。是非見学会に行くときは携帯して見てください。価格は2000円~9000円で買えます。

続きを読む


今日の見学会 ありがとうございました。

Dsc09162  写真は見学会と関係ありありませんが、コメントに投稿があったのでつい・・・。コンクリート土間と古い土壁がこんなに似合うストーブは数少ない。ストーブの台もコンクリート板。

今日の見学会にお越し頂きありがとうございます。

遠くは千葉、仙台からお見え頂き、またお土産を頂くなど・・・とっても感謝しております。

続きを読む


県内最高の超高断熱※ 完成見学会    UA値=0.234w/m2kの家

※国認定のQ値評価を受けた住宅において

15日写真更新!!17日に写真更新の予定です。

 慣れる意味でもこれからはQ値に変えUA値を使うようにしました。Dsc09614 原則庇付彫り込み窓。全て単独取り外し可の納まり。

「緑の家」の全てが詰まった東新町の家の完成見学会です。

来年1月19日(土)、20日(日) 9時30分~16時30

会場 終了しました。

雪の状況から車置き場の確保上予約で行う予定です。

  19日(土) 20日(日)

9時30分~
  11時00分

  ×

  ×
11時00分~
  12時30分
  ×   ×
12時30分~
  13時30分
  昼   昼
13時30分~
  15時00分
  ×   ×
15時00分~
  16時30分
  ×   △

2013年1月20日現在

各時間2~3組です。今回は多少の時間のずれはOKですのでお気軽にご予約ください。
注意事項はご近所さんの迷惑にならないように駐車する事と、室内では安全性の面からもお子様から目を離さないで頂ければ・・・とのお願いです。

また次回の完成見学会は6月頃ですので、できれば今回見逃さないで頂ければと思っております。

続きを読む


新建ハウジング2013年1月10日号の特集に載りました。

新建ハウジングという業界新聞に取材記事で紹介されました。

Dsc09740 紹介の範囲で故意に荒くして掲載。写真入りですが、ただの爺か?・・・

特に今回は私がどんなビジョンで家の設計をしているかという嬉しい質問があり、口をついてでた自分の言葉が、私が23年前に高気密高断熱住宅にのめり込む時と変わらない気持ちである事が改めてわかり、自分自身に驚きました。

続きを読む


プリウス30型を一年間乗ってみて・・・② 寒い

昨年の暮れに、

「日産が今後の主力自動車は電気自動車ではなくハイブリッド。電気はその次にくるので、来年からはハイブリッド車種を数年間拡充する」とのような記事がありました。

電気自動車が市販発売される以前のブログで、何度か申し上げておりますが、今後7~10年くらいはハイブリッド車が主流と私は思っております。それは・・・プリウスが冬寒いからです。

続きを読む



オーブルデザインの先見性 2013年版

1233 2011年2月に掲載したグラフ。この内容で議論が掲示板で発生した。懐かしいですね。

覚えていらっしゃいますか?

2年も前のブログ↓で
http://arbre-d.cocolog-nifty.com/blog/2011/02/post-fc72.html

「熱交換換気システムの境界」のシリーズを行いました。

エアコン暖房時には・・・
消費電力の大きい熱交換換気するよりも、消費電力の少ない熱交換なし換気扇の方が、暖房時の電気代が安くなる(つまり省エネ)と言う事を・・・。

それが今回の国の省エネ住宅評価システム・・・「住宅・住戸の省エネルギー性能の判定プログラム」で裏付けされました。またまたこれは先見性といってよいでしょう。

拍手!!!

続きを読む


東京でのセミナーで・・・

随時更新してます。

Dsc0969613時30分からのセミナー

前の記事にありますが、今日は東京でのセミナーがあり新幹線でこの記事を書いております。

セミナーは新しい省エネの計算をウェブで行うのですが、その入れ方を共有するためのものです。

続きを読む


日本酒で・・・

今日は東京で省エネ計算のセミナーとその講師である南雄三先生主催?の新年会があるので東京へ向かいます。何時ものようにその途中でこのブログを書きます。そのため随時更新です。

先月の東京行きの際はなんと「地震」に遭遇してしまい、新幹線が遅れたので今回も一抹の不安があります。

Dsc09695甘い味ながら少し高いアルコール度17.5度がキリッとした味わいを保つのか?特に今年は他の酒も高めらしい。

話は急に変わり・・・

昨年一番おいしかった日本酒は・・・「八海山 赤ラベル」でした。

続きを読む



もう設計と施工が兼用では難しいかも・・・②

2014/08/08に画像に緑字加筆修正

住宅金融支援機構の木造住宅工事仕様書の改変の記事「その②」です。

※住宅金融支援機構の木造住宅工事仕様書は、民間発行の書籍ですがそのフラット35などの事業では国の資金が使われているため、公用性が高いと判断しあえて転載させて頂きました。

Cci20130104_00003

昨日最後の住宅金融支援機構の木造住宅工事仕様書に掲載されている写真です。
どこが違和感があったのでしょうか?

続きを読む


もう設計と施工が兼用では難しいかも・・・①

Dsc09681左は19年度版で右が24年度版。22年度版があるが、若干の変更だったので当事務所にはない。

さて、先回は住宅金融支援機構の木造住宅工事仕様書が改変になったとの情報をあげ、近々HPのコラムの方で取り上げると言いました。しかし細かく書くと長くなり、遅くなりそうなので一番重要な「基礎」について取り急ぎサラッとふれたいと思います。

続きを読む


2013年の始まり

Dsc09673 雪の元旦は昨年と同じ

謹賀新年

昨日は突然お葬式に行ったり、慌ただしくそして今後の人生を考えさせられる年の暮れでしたが、今日は雪が降ったものの弥彦神社へ無事参拝をおこなうことができました。

皆様と共に輝ける新年になる事を祈念しております。

続きを読む