「て・こあ」でのある一日 五拾九 白アリ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Dscf3065梅雨の晴れ間(今年は多い)

1ヶ月ぶりに「て・こあ」の記事です。

一昨日の月曜日、図面の仕上げも追い込みでしたが、「て・こあ」での催しがあり少し手伝ってきました。

Dscf3054

8人ほどが集まったので久しぶりに竈に火を入れご飯を炊きます。感覚がつかめなくて少し焦がしましたがそのお焦げでお茶漬けを・・・。

Dscf3053カマドでご飯を炊くときにはワクワクする。

夏でもこの厚いコンクリート製の竈はそんなに苦にならずしっかり火を炊きます。

Dscf30747t油圧式薪割機でわる。

少し時間があったので薪割を・・・すると

Dscf3072前日の雨が木に染みこんだのか、相当の水分が巣内にあった。

白アリの巣が表われました。

Dscf3079数珠状からだ。大半が卵を産むためのもの。

巣でしたから当然女王もおり、普通の白アリの3倍以上の体・・・卵を産むために特化したその姿に感動し、ちょっと可愛そうですが冬の薪を食べられる訳にはいきませんから、木から土の上におくと・・・

Dscf3075少し残酷であるが自然界では容赦なし。

白アリより一回り小さいクロアリが直ぐに襲いかかります。為す術もなくクロアリの巣に運ばれていく白アリ・・・白アリは見た目よりもとても弱い生き物で、小さな昆虫の食料をとなって自然の循環を支えております。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする


コメント

  1. オーブルの浅間です。 より:

    yasu G様
     コメントありがとうございます。
    >Facebookに特化してるので、
    私は全く利用していないので申し訳ありません。
    >自然界の残酷さより、人間界の残酷さの方が酷いもんですね。
    そのとおりです。特に私のように勝手に白アリの巣を壊し、それを地面に置くなんて・・・酷すぎます(泣)。
    真夏になると屋根を開けることが暑くて出来ないのでつまらないです。
    ・・・きっとベンツの乗り心地は別格ですね。
    岐阜の夏は特別な暑さなのでどうかご自愛ください。

  2. yasu G より:

    近頃、Facebookに特化してるので、コメントの書き込みご無沙汰してますが、何時も楽しく、時には、成る程、へーそうなんだ!などと読んでいます。
    自然界の残酷さより、人間界の残酷さの方が酷いもんですね。
    オープンカーのドライブいいですね。昨日は富山県高岡まで、若い知人の「ベンツ」でドライブでした。北陸道爽快でした。安爺。