三条競馬場の解体とレース走行のその後

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Dscf7139ロシアの石棺のような雰囲気さえある・・・

特徴的だったおきな屋根が切断されました。

Dscf3043

解体前はこのように耐雪1.8mの跳ね出し屋根でした。よく見れば見るほど支点から左右の位置が同じか跳ね出し側が大きい・・・。

Dscf7140切断された屋根・・・

造る時は相当時間が掛かっているのにカットして取外すのはあっという間です。ここまで丸2日間。

Dscf7143小さく見えますが窓の大きさから推定すると梁せい1mくらい・・・

次に風のレース走行から早1ヶ月経ち、距離して1500km以上も一般道を走ったにも拘わらず、未だに後輪タイヤにひっついたゴム片はまだありました。

Dscf7257

アップで見ると

Dscf7254

Dscf7255

まだついているのですね。相当きつく癒着したらしく驚きです。一方前輪は一週間後には殆どなくなっておりました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする