「高崎の家」着工・・・

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Dscf2202

昨日日曜日は群馬県高崎市で「高崎の家」工事請負契約の立ち合いに伺ってきました。
途中の関越道三国トンネル前のPAの写真・・・
雪がありません。例年この時期は3mぐらいあるのに0.5~1mもない積雪。先回のときも話しましたが大変珍しい光景です。

Dscf2207早く着いたので2年前と変わりないかもう一度敷き調を行う。

高崎市では気温が上がり車にある外気温計では18度。今年初めての屋根オープン。顔に当たる風は穏やかで大変気持ちよい移動でした。
施工は高崎市の「(株)アライ」さんで、あのHAET20の技術委員として参加されている会社さんです。
Dscf1401南の大開口部が群馬県らしい。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする


コメント

  1. オーブルの浅間です。 より:

    お隣さん 
    コメントありがとうございます。
    新しい工務店さんとは刺激的でドキドキします。
    ありがたい事です。
    その日丁度アライさんの見学会があり見せて頂きました。他の家の見学会は数年ぶりで、・・・入った瞬間の木の香りは「緑の家」とほぼ同じ・・・良いもんです。

  2. お隣さん より:

    アライさんとオーブルデザインのコラボ…
    気密断熱に相当な思い入れがあって、かつ、
    自然素材がお好きな施主様なんでしょうね。