いよいよお披露目です。超高断熱Q値0.99で長期優良住宅+エネルギー製造の家

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Dsc02139なんかとてもオーソドックスな家。懐かしいというかどこかで見たことがあるそんな家。 でも性能は最新最高クラス。

太陽光発電を8kwも積んだ超高断熱の家の見学会を行います。

7月16日(土)17日(日)の予定です。

Dsc02133絵画が飾ってあるような風景

この家の特徴は・・・

・超高断熱Q値0.99W/m2kで国認定

・天然素材100%の漆喰のDIY(建て主さん塗)

・床下暖房とオーブル独自超高効率冷房空調循環方式

・8Kwの太陽光発電で光熱費全て払っても18万/年貰える

・そして30坪コンパクトな家

これから20年後の家の標準仕様が今わかるそんな家です。

Dsc02136

キッチンも造り付け収納が沢山。漆喰壁と木のバランスがちょうどよい。

うるさすぎず、でも暖かみのあるデザイン。

Dsc02138

北側玄関のファサード。

住宅の雰囲気がないアプローチ。

あ、勿論気密C値も0.6cm2/m2(中間測定値)と超高気密です。

Dsc02135

この「上須頃の家」は1階が漆喰。2階がAEPです。

相性も抜群です(梁より上がAEP)。

奥様が中心となって塗った漆喰。素敵です。さすがセンスを感じます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする