超高断熱 みずき野の家 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Dsc05072外観で庇と高い基礎であればほぼ「緑の家」に間違いなし。

みずき野は新潟市の西における大きな分譲地開発として有名です。そこに計画中の「緑の家」があり模型が終わりました。Nさんの早い仕事で助かっております。

Dsc05066冬日射の無い新潟県でこれだけ大きい窓がある「超高断熱の家」が「緑の家」もめずらしい。

南側は、道を挟んで田んぼに面しておりそこからみる景色はまさしく
春は緑の霞
夏は緑の絨毯
秋は金色の反物
のような豊かな日本の象徴を見るような感じです。

ですのでご依頼の最初の一言は、

「フルオープンの窓を設けてください」

でした。

私がまだ20代初め東京の設計事務所で勤務していたころ、その事務所は木製建具でフルオープンな開口部をよく計画しておりましたのでフルオープン窓は大好きですし、造った時に絵になります。ですのでそのままご要望どおりの計画を第一案でご提示しました(模型は2案)。

Dsc05070
南西にコーナーサッシを持つ。耐震等級は2以上で計画するのが基本

無論・・・ちょっとだけコーナーサッシもあります。丁度この方角も開けているので・・・。

オーブルデザインの外観は大概オーソドックスで、何時の時代で馴染める普遍的な形が多いですね。丁度5才くらいの子が家を書くイメージです。

花があって、木があって、△の屋根があって、玄関戸がある・・・そして人がいる。

この花と木がポイントですね。そして人が中心の木の家が「緑の家」なのです。

Dsc05074
新潟では最近、車も中心(笑)

Dsc05065車の白だけ「白味が違う」と私も白色病になってしまった。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする