なぜ新潟県の人はエアコンを暖房機だと思わないのか?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

なぜ新潟県の人はエアコンを暖房機だと思わないのか?

えっ・・・と思う人もいるかもしれませんが、圧倒的にそう思われています。だからこそ新潟県では、今後暖房用としてエアコンという「空調機」が売れることになります。エアコンの工場見学の予習として特別アップしておきます。以下は今年、東京のヒートポンプ蓄熱センター主催の講演で私が使ったPDFからの抜粋です。

1

暖かく無ければ暖房機ではありません。

2_2

3

4

5

6

7

8

9

11

12

補足すると、新潟県の人は昼間誰も家にいなければ、エアコンをONしません。夕方冷え切った家でエアコンをONすると・・・室外機に負荷がかかり・・・どうなるかわかりますね。そして家が暖まる前に就寝・・・この繰り返し体験でエアコンは暖房機ではないという意識が提供する側、使う側双方に組み込まれたのです。従って原因はエアコンではなく、使い方が重要なのですね。

でも・・・ある決まりを守ると一番安全でコストが安い暖房機の代わりになってしまいます。それは機会があった時に詳しくお話ししますが、このブログを読んでいる方ならもうわかっていると思います。

Photo

です。暖房機と呼ぶから従来の暖房機と同じと勘違いするのです。空調機と呼びましょう。エアコンは家に暖かさを運ぶ新しい住宅の「設備」なのです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする