私の筆記用具

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Dsc05199三菱鉛筆の赤鉛筆

私はアナログ時代から学んんでいる図面屋(設計屋)ですから、図面の添削やチェック、そして構造ラフスケッチはモニター上ではなく紙焼きの図面で行います。その時に活躍するのが赤鉛筆・・・

Dsc05200

筆記用具は私の頭と図面つなぐ大事なMONOですから一応大事にします。赤鉛筆などは最後の最後まで使い切ります。そのために専用の小さな鉛筆削りまで持っています。

Dsc05202

ファイバーカステル(ドイツ老舗)の鉛筆削り・・・
良いでしょう。奥はステッドラ製の芯削りです。この芯削りは設計屋さんなら昔の定番のシャープペン用とわかりますが、今の人にはわからないでしょうね。芯が鉛筆みたいに太いシャーペン用です。

Dsc05201
この3つの穴がポイント

やっぱりアナログ筆記用具です。

その添削がおわり、ふと窓外をみると・・・

Dsc05203
赤く色づくケヤキ並木の中でも事務所の前だけ一番赤い

標高700mの弥彦山山頂でもこんな紅葉はまだなのに、事務所の前のケヤキ達はもう綺麗に着飾っています。寒さが嫌いなオーブルデザインへのメッセージでしょうか。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする