カメラ・・・

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

当事務所で使っているメインカメラはシグマ社のSD14(SD10)と言う事は以前のブログでお伝えしました。 完成時の写真などはこのカメラで撮ります。画角は35mm換算で17mm~34mmのレンズを取り付けています。一眼レフカメラでは本体よりレンズの価格が高くても普通です。17mm位(本当は12mmくらいほしい)でないと室内の全体イメージが写せないので多少お金は掛かりましたがこの本体より高いレンズが常時装着されています。

Dscn7670 カメラの上部に出っぱっているのものはアングルファインダーです。上や横から覗いて撮影するためのものです。

Dscn7668 上の写真のとおり、首から提げるのが嫌いなのでハンドストラップを取り付けてあります(これは結構便利で落とした事はありません)。Sdim8130 ブログ用写真のメイン機は上の写真の右「ニコン クールピクス950」です。 なんともうクラッシックデジタルカメラの部類に入ると思います。発売は1999年。当時希望小売価格128,000円。実売9万くらいだったと思います。ニコンが本気で造ったデジタルカメラがここからスタートしました。ボディーはマグネシウム製で最近の安価なデジイチよりも高価な素材です。スイバル機構のカメラでアングルフリーです。画素は200万程度ですがブログではちょうど良い画素数です。

左は動画専用(一応静止画もとれる)で購入した超小型軽量デジタルビデオカメラ「AIPTEK」 です。重さは電池込みでわずか130gと携帯電話とほぼ同じ。こちらもバリアングルというアングルフリーです。どうも最初のデジカメがアングルフリーでとても便利だったので、この機能は譲れない癖がついたのでしょう。価格は2万でしたが、故障が一年で2度もありこの機は3代目です。やはり日本メーカーではない機器の品質管理には問題があります。この機器は基礎のコンクリート打ち込み撮影用として購入しました。
おもちゃみたいな軽さですが、真っ白くほとんどスクエアー形状はデザイン的にとても好きです。

Sdim8134 AIPTEKのバリアングルを開くとこんな感じです。

またニコンのクールピクス950の標準画角が38mmだったので高価な純正ワイドコンバージョンレンズを購入しております。こちらを装着すると24mm相当です。ただレンズがカメラに対し「超デカ」なので不思議な造詣のカメラになりますね。

このほか個人(家庭)で使っているのがパナソニックのDMC-FZ1(これも既にクラッシックデジタルカメラ2002年)とパナソニックのDMC-TZ5(2008年)というコンパクト超望遠カメラです。

Sdim8135クールピクス950といい、FZ1といいこれらの名機と呼ばれる古デジカメ初期の機器はタフで一度も壊れません。多少スイッチの接触に難がありますが、基本的に撮る動作では故障無く既に1万枚近くではないでしょうか?それに比べ最近の普及価格体のデジカメ機は機能的にはすばらしいのですが1、2年でおかしくなる事が多いで質実剛健でないところがちょっと残念かな。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする


コメント

  1. オーブルの浅間です。 より:

    (o^-^o)そーなんです。
    DPはのどから[E:paper]が出るほどとてもほしいのです。
    わかります。リコー等よい性能のコンパクカメラを一回使うと、デジイチはなかなか出番がなくなりますよね。パナソニックのコンパクトは、お任せモードで気軽にスナップショットには良いですが、建物などの細部が重要な写真には全く向きません。というか腕も悪い製ですね。
    ああー DP1Sがほしいーーーーー。
    どこかに落ちていないかな。[E:eye]
    素人写真・・・お褒め頂きありがとうございます。感謝です。

  2. kotaro より:

    構図の決まった写真をいつも撮られていたのは浅間さんご自身だったのですか。別の専門家が撮っているのだと思っていました。シグマのデジカメSDをお使いのことですが、コンパクトのDPは使わずパナソニックやニコンをお使いのようですね。私はコンパクトはリコーを使っていますが持ち運びが楽なので、最近は一眼は特に望遠が必要時以外は持たなくなりました。