超高断熱の家を厳寒期に見に行く

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Dsc05346

大量に運び出される「養生シート」・・・

今現場は戦争のような状態です。

明日の完成見学会に向けて皆さん最終追い上げです。

Dsc05322

2階はほぼお見せできる形にまで迫りました。

暖房は昨日ようやくON!

クリーニング(清掃)時に大量の水を使うので、現在窓はびしょびしょ。

一応全部拭き取り窓を10分間全開!

一気に空気を入れ換えます。

明日も多少窓の結露は残りますが、19日頃にはほぼなくなるでしょう。

Dsc05344

SSプランの家は1階の暖房機だけで2階も17度まで上がります。

午後から2階暖房機もON・・・

雪に囲まれた片貝町・・・その厳寒の最中・・・
明日の予想氷点下5度でも少ないエアコンだけで23度をキープのはず。

この超高断熱の感動の空間と工法・暖かさを是非ご体感ください。

Dsc05320
天井は、建築化照明器具(埋め込み)ですっきりと・・・

Dsc05324
トイレのカウンターは特別に3次元成形機(カット)で加工し、ベストフィットです。

Dsc05326

玄関ホールはおもてなしの空間。シンプルですが、計算された寸法、確度、色、仕上がりですっきりと。

Dsc05340

ダクト接続は間に合いそうもありませんが、キッチンもまとまり後は最終調整のみ。

先入れ先出しは無理ですが、駐車場は最大8台くらいは大丈夫なくらい除雪ができました。ご心配なくお越し頂ければと思います。

最後に工事関係者の皆様、特に監督のYさんには、「間に合わせて頂いた事」・・・
お礼申し上げます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする


コメント

  1. オーブルデザインの浅間 より:

    長谷川様
     コメントありがとうございます。
    またわざわざご連絡感謝です。
    次回は3月下旬、過去オーブル最高、また新潟県で認定されたQ値計算では最高の性能の「西裏館のいえ」です。
    楽しみしてくださいね。

  2. 長谷川一也 より:

    オーブルデザイン浅間様
    完成見学会をとても楽しみにしていたのですが、18日19日と東京に行くことになったので、見にいけなくて残念です。
    ずっとブログで完成までの写真を見てきたので、どんな仕上がりになっているのか実際見たかったです。
    次回の完成見学会にはいきたいと思っています。