超高断熱の緑の家 完成後半年経過で・・・

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2012/11/11緑字加筆

片貝の家の建て主さんから写真が届きました・・・

R0019504 白樫が植えられた庭(撮影O様)

今年の2月竣工した「片貝の家」の庭木が植えられ始めました。やはり家は木があっての始めて完成です。特に外壁に木を使った家は・・・。

そのお電話では
「今シーズンまだ暖房機器のスイッチは入れていない。朝のリビングの室温が約20℃なので最近少し下がってきているし、基礎下等の熱が放出しきらない時に、エアコンをONしようと考えている。」

との事。拙宅では2~3週間前に既に暖房ONです。新潟ではこの時期お日様がでないので取得熱は内部発熱のみとなり、相当性能の高い家でないと既に暖房はONですから、やっぱりSSプランの緑の家は相当驚異的です。

Dsc08281 今年8月頃の片貝の家

夏の頃の「片貝の家」の写真ではまだ木がありませんが、

R0019502 今年11月の片貝の家(撮影O様)

木が植えられたこのショットでは、何かリゾート地にある家の雰囲気になって来ました。特に木は所謂「雑木」であり、これが家にぴったしというか、最初のご希望で家の東側には大きな雑木の庭を造るのでそれに似合う家・・・とのご希望だった事を思い出しました。

R0019488 今年11月の片貝の家(撮影O様)

これからどんどんシルバーグレー色になり、緑が更に映えるでしょう。楽しみです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする