春の山菜で・・・

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Dsc03718コシアブラの脇芽。セージの香りがする天ぷらとなり家族では人気。なんと言ってもこの造形と色に食欲を誘われる。

昨日は妻の友人から「コシアブラ」を頂いたので急遽春の山菜祭りとなりました。

Dsc03717タラの芽は2番芽で、このくらい開いていても又違った風味で癖が全くなくおいしい。

コシアブラはなんと言っても天ぷらなので、天ぷらついでに「て・こあ」の庭に生えているタラの芽も急遽採取して、更に「て・こあ」から自宅への帰り道の郷本川の河川敷に自生する「コゴミ」もついでに採取し、夕食は春の山菜祭りでした。

Dsc03716茹でただけでおいしいのはコゴミならでは。そのまま醤油やだし汁で・・・。

自身で山菜を採らなかった頃は、タラの芽やコシアブラなど山の奥にいかなければ取れない物と思っておりましたが、この二つとも直ぐ近くにあります。とくにタラの芽なんか「て・こあ」の庭に生えている位、普通に見られる物で、タラの芽と同じようなところにコシアブラも生えております。具体的には、山にはいる手前の日あたりのよいところです。多分日の当たらない山奥にはありません。

コゴミも少し自然が残っている河川敷には必ず生えております。目をこらして見ると、鮮やかな緑色している集団が見えますから、そこを目指せばコゴミはあります。

何れも沢山取るはひつようありません。山菜は少し食べる事がおいしいのです。自分の食べる分だけ取り、残しておけば次の人が又採取できます。

Dsc03719雨の日に取ったため更にみずみずしいコゴミ。

その前の日にはステックセニョールというブロッコリーを頂き、これも又春の香りでした。豊かな春に感謝ですね。そしてこれからは、「て・こあ」の庭では自生する香り高い三つ葉とミョウガ、そしておいしいタケノコが採れます。ああー田舎ならではの豊かさです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする