「 2014年10月 」一覧






梅雨時の空調・・・除湿の奥深さ

この3日間で読者さんから

「東芝のエアコンで湿度管理がうまくいかない」

とのコメントを頂いております。
確かに梅雨時の空調は、

顕熱負荷が大変少ないのに潜熱負荷が大きい・・・

という特殊な状況になりますから、普通のエアコン使用方法では湿度が下がりにくくなるでしょう。
ですので少し整理してみます。ただし、現在通常業務がとんでもないくらい山積みされていますので簡単に端折りますこと・・・お許しを。

続きを読む


容量可変型コンプレッサー搭載エアコンとは?

緑字追記 2014/10/17 
タイトル修正、リンク追加 2014/10/29

76767

建研のHPから入って省エネ性を計算するプログラムソフト「省エネルギー基準(平成25年1月公布)及び低炭素建築物の認定基準(平成24年12月公布)の告示に沿った計算方法」・・・所謂
「住宅・住戸の省エネルギー性能の判定プログラム」がこの10月10日からバージョン1.13になりました。そのソフトで見た「容量可変型コンプレッサー搭載エアコン」とは一体なんぞや??

続きを読む


柏崎の「緑の家」 Ua値0.26w/m2Kで国認定の超高断熱住宅 外観ほぼ終了

Img_3062れ以上造られないくらい薄い屋根になるように考える。

長浜の家の足場が明後日外されると言うことで、今日は外装の最終チェックに伺いました。日之出町の家で提案した玄関屋根の感じよかったので、この長浜の家でも採用・・・。なかなかよいです。

続きを読む


私の筆記用具

Dsc05199三菱鉛筆の赤鉛筆

私はアナログ時代から学んんでいる図面屋(設計屋)ですから、図面の添削やチェック、そして構造ラフスケッチはモニター上ではなく紙焼きの図面で行います。その時に活躍するのが赤鉛筆・・・

続きを読む



「緑の家」の夏の電気料金 24時間空調(冷房)

今日は今期初めて朝の気温が10度以下になりました。もう直ぐ冬ですね。

さて・・・秋に夏の電気代が明確になります。

692

オール電化(水以外全ての光熱費が入った)の真夏電気代

「緑の家」のオーナーさんからメイルで電気料金が送られて来ました。
家中全て24時間連続エアコン運転をして27度付近を維持されていたK様です。
オール電化ですからこの料金には、給湯代、調理代、照明、家電すべて込みのの電気代です。

続きを読む



柏崎の「緑の家」 Ua値0.26w/m2Kで国認定の超高断熱住宅  完成見学会

まだ随分先ですが・・・

11月22日23日に柏崎の「長浜の家」完成見学会を行います。
当初は11月8日9日でしたが、工事が遅れて11月下旬になりました。

Dsc01971住まいで一番大事な「安全」の要・・・耐震等級3で国認定

耐雪1.3mで耐震等級3で認定(この設計なかなか大変です)・・・

旧Q値0.9w/m2k相当でUa値0.26w/m2Kという超高断熱ながら、窓が大きいコーナーサッシを2箇所持つ家。

・・そして・・・

続きを読む



合理的な「緑の家」考え その2

今朝メイルをみると

「丹下健三氏の設計による香川県立体育館が50年の幕を閉じました。」

とありました。この香川県立体育館は私が学生の頃に知り、その造形に感動した事を思い出しました。この設計者丹下健三氏は、東京都庁を設計したことで日本国中の人が一度は聞いたことがあると思います。それほど著名な設計者が造った代表建築が耐震補強が経済的に合わない・・・そのため50年で幕を閉じるというこの短命さ・・・。住宅の方が50年以上使われているといわれそうですが、この建物は不特定多数の命をあずかる事が住宅とは全く違いますから比較は出来ません。

続きを読む



合理的な「緑の家」考え その1

2014.10.08 5時加筆

今朝は・・・10度、寒いです。

私は軟弱者で・・・一昨日は寒かったので思わず「暖房」のボタンを押しました。昨年と同じくらいの暖房ONです。とは言っても日中OFFですが・・・。事務所内で金曜日は冷房、次の日には暖房・・・私の体は空調にどっぷりです。

さて、「緑の家」は合理的な考え方によって仕様やプランを考えます。

続きを読む




自作パソコンとノートパソコン

Dsc05020 私が使用する自作パソコン。ケースは7年以上前のもの。ケースだけは規格があまり変らなくて助かる。赤い光は構造ソフトのキードングル。

先月は事務所のパソコンと自宅のパソコンで珍しく時間を使いました。
以前書いたとおり、事務所の私のメインパソコンは自作しました。ようやくその解像度による細かさ(文字が小さい)に慣れ、快適になってきました。が・・・今までの23型フルハイビジョンを使うとそちらの方が使いやすい気がします。

続きを読む