笹越橋の家
 2階床も建て主さんが将来選択可能な床下暖房

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

笹越橋の家では2階に家族の間(所謂居間)があるが、2階でも床下エアコン暖房を行うことが出来る。これは過去にも数度行っておりその快適さは実証済み。

「緑の家」では掃除が不可能な床下のエアコン暖房を推奨していないので、標準ではおこなわない。しかし、ご要望があれば2階と1階の階間を暖める床下エアコン暖房を行う。

掃除が出来ない空間の空気を積極的に居住空間に行うことはリスクが伴う。そう、床下から出てくる暖気が汚れを引き連れ込む事になり埃程度なら許せるが、昆虫の死骸を苗床にカビが生え、その胞子の混じった空気を積極的に吸うことは気持ちのよいこととは言えないから。

そんな理由で当初2階と1階の階間に暖気をいれ2階の床下暖房を行う事については諦めていた笹越橋の家の建て主さんから、設計途中で

「将来2階でも床下暖房の恩恵を受けたくなったときに直ぐに2階の床下暖房を出来るようにしてほしい・・・」

とのご要望を受け、1階床下内のあるシートを剥がすだけで2階の階間に積極的に空気を入れることを計画した。これは1階床下が1.4mもあるので誰でもいつでも簡単にその切り替えができる。

「緑の家」の高基礎で生まれる床下空間はホントに素晴らしいと思う。

下は過去の2階と1階の階間を利用し床下暖房を行った「緑の家」である。↓

「緑の家」は変幻自在の床下エアコン計画
巷では大きい吹き出し口がよいと言われるが、そうとは一概に言えない。 床下暖房の吹き出し口です。 オーブルデザインの吹き出しはとても狭...
床下暖房と超高断熱効果その⑤ 住んでみて
昨日は片貝の家の「なおらい」で、楽しいお酒を頂きました。沢山頂きすぎて今日の午前中は車の運転はできません。でもあの「あおやぎ?の焼き...

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする