超高断熱 豊栄の家の気密測定

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Dsc00772

豊栄の家の完成見学会は

3月19日、20日(日)です。

詳しくは近日中にHPでご案内します。

今週から外壁を貼ると思ってましたが来週になりそうです。楽しみにされていた皆様、すみませんでした。大工さんの段取り上内装をきちっと終わらしてから外壁に取りかかるそうです。大工さんも久々のオール木の外壁楽しみにしてます。

さて、中間気密測定が終わりその数値は
0.23cm2/m2でした(外部機関 ピコイさん測定)。
相変わらず大変良い性能です。
こちらの仲村建設さんなら常に0.3cm2/m2以下になりそうです。 

良く巷ででは引き違いサッシが有ると気密が1.0以下にならないと言われますが、何時もオーブルの家は大きな引き違いサッシが多数(面積比では8割)です。気密は0.3くらいまではサッシのせいではありません。さあ、完成に向けてあと一歩です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする


コメント

  1. オーブルの浅間です。 より:

    higerk様
     コメントありがとうございます。
    C値0.9であれば大変素晴らしい気密性能です。
    ご安心を。外壁修繕の際は、気密及び断熱とも上げることは可能です。

  2. higerk より:

    すばらしい気密性能ですね
    拙宅は0.9程度なのですが、建物L字型で2階建+ロフト、小屋裏収納で延べ床40坪程度だと、0.9でもいい性能でしょうか?もう少しがんばってほしかった感があります。レベルあげる余地はあるのでしょうか?
    また今後外壁修理の際、断熱、気密ともにあげれますでしょうか?