「 2011年03月 」一覧

ふだんどおりが 私にできる事

ふだんどおりに生活をする。

いつと同じように起き、体をほぐし、ご飯を食べ、仕事をする。

今できる事を背伸びしないで、惜しまないでおこなう。

笑顔で何時もどおり一生懸命仕事をし、

楽しみながら仕事をして、自分に機嫌をとる。

自分で自分に機嫌をとれば笑顔ができる。

人の機嫌を伺ってばっかりいると自分が不機嫌になり

人に優しくできない。だからまず自分の機嫌をとり

自分の幸福を人に分けるくらいな気持ちで。

できる人ができる事を行う。

だから今の私はふだんどおり一生懸命仕事をする。

この仕事は天職と思って。

感謝とありがとうを声にだして。


三条 南四日町の現場 土台敷き

Dsc01343

三条の南四日町の現場で土台敷きが始まりました。

オーブルデザインのこのブログは勿論オープンのため誰でも見る事が可能です。だからそこその写真に施工間違いがあれば、きっとご覧なられた方からご指摘も来るのではないかと想定する事で緊張感をもって工事監理する事ができます。

続きを読む


やっぱり超高断熱は間違い無い!!   住宅はQ値0.9が普通になる。

4年前から私は「20年後はエネルギー高騰問題が起きる。その時のために超高断熱住宅はある。決して温暖化防止が目的でない。」何度となく唱えて来ました。そしてその事に賛同して頂ける方が2年前より増えてきて、昨年から全てのお手伝いする家が「超高断熱=Q値0.9程度かそれ以下」になっております。

それが今回の原発大事故で早まる予感が・・・というより確実に早まります。

続きを読む



建て主さん情報4 と 大丈夫! 避難地域以外の誤解を解く!

建て主さん情報の「4」ですがその前に・・・

ここ最近のブログでは原発の話題が多くなりました。

また、政府の発表の仕方があまりよくないとも伝えました。

私が良くないと申し上げた事は原発から80km以内の風下にあたる地域に対してで、新潟県や原発の風上での地域(30km以上)ではありません。

続きを読む



4月9日10日 長岡市で完成見学会

直前2つのブログは放射能の専門家でも無いのに少し踏み込んでお話ししました。でも自身間違っていないと信んじております。なぜなら・・・
NHK報道でもようやく昨日から「放射能は積算で考える」と言うことをその報道の最後にちょっとだけ伝えていました(今まではこの説明が全くなかった)。きっと過去の報道のコメントを時間系列で並べると、そのコメントが変わる不思議さに驚くと思いますが、メディアでは自分で自分の首を絞めることをしませんよね。自分で録画した記録を編集する以外ありません。

過去の記録を全て残しオープンにみられる当HP、ブログは貴重です。

さて、

Dsc01275

長岡市美沢で「緑の家」超高断熱SSプラン普及タイプが完成間近です。

この美沢の家の完成見学会を行います。

超高断熱Q値0.97W/m2K 認定(国)
スキップフロアーで耐震等級2 認定(国)

4月9日(土)

4月10日(日)

詳細は後日HPでご案内します。
(今度はしっかり完成までに床下エアコンが間に合います)

続きを読む


びっくりしたこと。

水道水に放射性物質が混入というニュースから4日ほどですが、原発の放射性物質漏れがわかったのは14日前。そして測定結果公表が19日とその間この7日間行政は一切、水道水の検査をしていなかったのでしょうか?w(゚o゚)w

続きを読む


全体で考える事が大事

昨日のブログに信念のある力強いコメントをありがとうございます。

連日報道では「放射性物質が規制値以上の検出された食物」の報道がされています。

ほぼ同じように「この食品を毎日1年とった場合初めて健康に影響がでる値だから安全」というコメントが多いですね。

専門家のコメントだからそのとおりと思います。

しかし物事は常にトータルに考えなければなりません。

続きを読む


寺泊にようこそ!その2

Dsc00902_2今年の冬の拙宅。前庭がパーゴラとなり昨年と少し違う外観。

昨日から福島第1原発の10km区域から避難されてご家族が拙宅で泊まっていらっしゃいます。

前ブログで紹介した「夕映え荘」に避難されていたご家族の内、DOGと共に避難されたご家族を拙宅にお誘いしました。

続きを読む


寺泊にようこそ!

7日前だったか、拙宅の近所にある保養施設「夕映荘(長岡市立)」に47人の福島から避難された人が滞在されています。

ようこそ!寺泊へ! 少しでも休んで頂ければ隣県住民としてありがたいです。

多くの人が避難しておりますが、なぜ避難しなければならないかを少しだけ調べました。

続きを読む



超高断熱で天然素材の完成見学会    終了 その2

Sdim9348_2 雨に濡れることのない広いデッキ。濡れ縁の雨に濡れた感じと庭木が雨を楽しむ・・・日本人の感性。

前日の続きで写真で超高断熱で天然素材の豊栄の家をご案内します。

PS 見学会でスイーツの差し入れありがとう!S様
〃    飲み物の差し入れありがとう!Y様

続きを読む



完成見学会 3月20日、21日 行います。

震災地までの道路が通れるようになり徐々に復興という言葉が使われ始めております。今被災者の心の中の小さな光の点滅から連続した光に変わろうとしております。

被災地以外の人はその時がきたら元気パワーを送れるようにこの一週間見守りつつ心を送ってきました。これからはともに前へ進みましょう。

続きを読む



建て主さんへ情報4 (震災関連)

複数の方から当ブログや報道で

「建材の高騰が心配」

というご意見を頂きました。ご心配をかけ申し訳ありません。

さて、
心配は要りません!とはっきり言いたいところですが

まだよくわかりません。

何時もの震災後なら国内品が高騰、不足しても、輸入品が船便で来る2ヶ月後に国産品不足分をカバーしてくれ、こういった話が無くなります。しかし今回はGW系(断熱材)だけはどうなるか少し不透明です。

・・・がしかし、GWは国が推し進める政策なので大丈夫だと・・・思います。



建て主さんへ情報3 (震災関連)

断熱材でグラスウールが入手の見込みが厳しいとの連絡がありました。

断熱材メーカーは断熱材の需要が多い東北地方に工場がある場合が多く、震災で大きな被害を受けております。今後の入手は非常に厳しい状況です。

現在合板の価格が震災前の5倍との情報もあります。許せないですね。火事場泥棒ののようなこの価格。誰かが値段をつり上げているのでしょう。多少の高値はわかりますが適正な価格になるように国には監視して頂きたいと節に願います。

PS
店舗系の建物はOPENの日が絶対なので仮に合板が5倍の価格でも買う場合があります。普通はそんな価格では買いません。


建て主さんへ情報2 (震災関連)

当事務所が標準で使用している「ネオマフォーム」という板状で国内トップクラスの断熱材が、震災の影響で生産ストップすると言う連絡が入りました。現在ネオマフォーム(旭ファイバーグラス)で計画している建物は全く同じ性能であるフェノバボード(セキスイ)に変更になります。取り急ぎブログにてご連絡致します。


今週の事務所

オーブルデザインは設計事務所です。従って設計の業務が8割ほどを占め、その業務の99%はCAD(パソコン)です。従って停電では業務が全くできません。

明日は計画停電があり設計業務は中止です。この停電中何時もはできない業務を行います。

私が設計を業としたころは、CADではなくドラフターという電気を使わない機械を使い手で書いてましたので、停電でも問題は殆どありません。資料は全て書籍ですしネット閲覧はありませんでした。その頃に戻るだけと考えれば大きな問題ではないと考えるようにします。

また今週、オーブルデザインでは私が17日から19日まで出張となり事務所におりませんのでよろしくお願い致します。事務所は業務を行っておりますので連絡は可能です。19日は見学会の準備で事務所は閉まっておりますが、電話は私に転送されますのでご用があればいつでもおかけください。


建て主さんへ情報1

地震による情報です。

震災地の石巻にある東日本最大の合板工場が津波の被害を受けました。また次に大きい秋田の合板会社も地震で生産不可の状況です。よって今後上棟、建築予定の皆様におかれましては、着工や竣工が遅れる可能性があります。 可能な限り入手方法を施工会社や資材会社が努力をしておりますが、事情をくんで頂きご理解とご協力をお願い申し上げます。

(合板とは床の下地や屋根の下地に使う板で、耐震性を確保する大事な板です)

オーブルデザイン 浅間



天然素材の外壁 そして超高断熱、耐震性等級2の家

Sdim9202年数を経てこの天然素材の外壁がシルバーグレーになった時、この白サッシが今よりも良いバランスをとるだろう。緑の家は常に10年後を考える。

いよいよ天然素材の外壁が貼り終わりました。

良い感じです。主観ですが、この天然素材の外壁を間近で見ると、何か塗ろうという気はおこりません。柔らかくそして木の素朴さが伝わるそんな外壁です。特にこの米杉の本来の木肌がしっかりでる王道の表面貼りです。是非実物を!

続きを読む




超高断熱と天然のままの新潟の家 ~基礎としろあり~

Dsc00995_2 是非拡大して。何時もこうなるとは言えないが思わず撫でたくなるような綺麗な表面。隅にあるアンカーボルトM16 (引き抜き30KN)はテックワン工法専用の低い出寸法。

この工事で使用したコンクリート強度(呼び強度は33~36)30N/mm2で水が少ない堅いコンクリートですが、施工が優れているせいか予想通り美しい基礎ができています。
法律で長期優良住宅が定められた3年前から当事務では30N/mm2が基本です。時代は長期優良住宅(コンクリート造)が定める30N/mm2が標準です。それはこれからも続き、これが標準となります。既にこの結論は時代が下しました。

最近のオーブルデザインの高基礎は、基礎の表面をモルタルで補修しません。

所謂「コンクリート打放しのまま」です。なぜか・・・

それはシロアリ侵入防止の一つです。

続きを読む


新潟で天然素材の木を貼った超高断熱の家 完成見学会のご案内

写真提供は施工して頂いている仲村建設(新潟市二本木)さんからです。

R0017172

先日ご紹介した国によって認定されたQ値が0.99W/m2Kの家で、天然の木の外壁を貼りはじめています。

良い感じです。久しぶりのレッドシダーベベルの外壁。

やっぱり日本の杉の外壁と比べひと味もふた味も違う印象です。

さて、オーブルデザインから大事なお知らせです。

続きを読む