秋の空気とは 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

家の設計を高性能で自然・木の素材。三条 長岡見附 柏崎 新発田 新潟で高断熱 

Dsc01213今日の12時の事務所の温湿度。真夏ではエアコンをかけても(26度で38%)なんて絶対にならない湿度が、シベリア高気圧と共にやってくる。

同じ気温なのに湿度が違う・・・

これがシベリア高気圧に覆われた時で、太平洋高気圧と入れ替わりに来るので、その変化は一瞬で起こります。丁度今日の気候はきっと欧州の夏と同じで、気温が上がっても湿度が少ないので大変さわやかです。

通風を利用した家が、夏のエネルギー消費量を減らせる=エアコンをONしなくとも良いといわれますが・・・

こんな気候なら、風がなくても気持ち良く、風・・・つまり通風があると逆に不快(肌寒い)感じになります。要は通風など考えなくともこの気候なら湿気が少ないので問題ないということなのです。そして太平洋高気圧の時は、窓をあけても蒸し暑いので都市部ではやはりエアコンです。

今・・・みんな窓を閉めて寝ますよね。それは寒いからです。夏の暑さは窓を開けても暑いし、秋風になれば急に寒くなる・・・それが新潟の気候です。 窓をあけて丁度よい夜なんて、ほんの、極、わずかなのでしょう。あと2週間くらいで暖房がほしくなる夜に突入です。さすが6ヶ月以上の暖房期間がある新潟です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする


コメント

  1. ちーすけ より:

    >えっーーーーーー。あの台風で大丈夫でしたか?
    >外さなかったのですか?
    不精なもので、外しませんでした・・・。
    ですが、ほぼ無傷でした~。
    今回の台風の強風は、我が家では北西の風でした。そして大きな簾は運良く家の風下側になってくれたので、壊れなかったんではと思っています。「簾掛け」に結んでおいたのも良かったのかなぁ?!
    何にしても、沿岸部よりは風もだいぶ弱かったんだとは思います。

  2. オーブルデザインの浅間 より:

    ちーすけ様
    コメントありがとうございます。
    >そろそろ簾をはずさなきゃ、と思う今日この頃です。
    えっーーーーーー。あの台風で大丈夫でしたか?
    外さなかったのですか?
    自宅の簾の外さなかった3個は形がなくなりました。(;ω;)
    お月様と虫たちの軽やかな合奏で癒されます。

  3. ちーすけ より:

    台風明けのこの数日はホントに爽やかな秋晴れ続きですが、仰る通り、新潟ではこんなすごし易い日は一年の中でも数えるほどですね。今ほど東の空を見ましたら、中秋の名月が昇ってきてました。そろそろ簾をはずさなきゃ、と思う今日この頃です。