床下暖房のエアコンバックアップって必要か?その3
床下エアコンの選定 東京の場合(降雪時)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

必要能力は昼夜1日を平均して一時間あたりを算出。外気2℃未満では雪が降っている条件を想定。

次は寒冷地用エアコンを使った場合の内容と前回伝えたが、今日は東京で雪模様とのことで、東京における床下エアコンの選定を考えてみたい。

上のグラフで新潟県と大きく違うのは、外気温が3度以上の時には晴天で3度未満における負荷の2/3としたことである(夜間と日中の比率2:1)。

しかも外気温1度以下の時に雪が降っているときの想定であり夜間の非降雪ではない。

つまり今日のような雪が降っている時のシミュレーションである。

家の性能条件を前回と同じくU値は0.3w/m2K以下でこれを以前のQ値に換算すると0.9w/m2Kとなる。大凡Q値1.0とすると簡単なのでその値で計算すると延べ床面積140m2(39坪)で普通の厳寒期で外気0℃とすると3.4kwの暖房能力を必要とする。

選定したエアコンは・・・

10帖エアコンでRAS-X28Hである。

カタログによると低温時能力でも5.5kwもあり、雪の降らない時の東京では、このエアコン1台で余裕で暖房可能。しかし外気温が氷点下になると雪の影響が少ない東京でもNGになる。

結論としては、東京で雪が降る回数は2から3回(しかも24時間)だから、新潟県と同じ考え方ではあまりにもスペックオーバーなのでこの10帖用エアコンで家中を暖める計画をしても良いと思う。ただし南窓はなく、また周囲建物環境で冬期日中に日が入らない家は、この10帖用1台であると効率が悪くなり、温度ムラも大きいので、「緑の家」と同じ考え方で6帖用エアコン1台をプラスして暖房計画することが良い。つまり1台は主冷房用エアコンを冬は暖房用に兼用するやり方である。

その4に続く。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする