新潟の家 天然素材 そして日本酒

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Dsc00571

いつのの酒店の「キムラ屋」さん。

私の飲むお酒は先頃お伝えしている「越の六角」。

この酒店のオリジナル酒。

着工も決まった「上須頃の家「の地鎮祭用に準備するために立ち寄りました。

Dsc00573

酒店内の中央でイーゼルに載せて紹介されているお店。

あのミシュランにも入っている麻布十番の幸村サンの系列で

その上階にあるバー的な位置づけのお店が「六角」です。

キムラ屋さんのご主人が突然

「オーブルさん、知っている?麻布十番の幸村?」

「そのお店にうちの六角がおいてあるよ」

「麻布十番の幸村・・・」なんか聞いた事のあるようなないような・・・」

私は流行に疎いのでわからなかったのですが、

とても日本料理では有名な人らしいのです。

その人から直に連絡があって六角を定期的に送っているそうです。

幸村さんのバーに置いてある「越の六角」・・・

凄いですね。

一酒店のオリジナルですよ。それが遙か越後山脈の向こうの(笑)?幸村サンのお店で飲めるとは・・・?

なんかとってもうれしいです。

確かにこの日本酒  おいしいです(私的に)。

8年くらい前から大概これを頂いてます。

私の中では他のお酒を比べる時の基準になってます。

多分ご希望があれば地鎮祭のお酒はこれになります。
このお酒を飲みたい人は是非当事務所へ・・・(笑)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする