本震を前震と訂正!地震は予知出来ないし予想も無理。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

まず最初に、現在九州に起きている地震でお亡くなりになった方にはお悔やみを、被災された方にはお見舞い申し上げます。

15日21時頃起きた地震から1日経て16日1時頃に起きた地震が本震といま7時30分のNHKの報道で知りました。これって・・・

地震は全く予知が予測出来ないということでは?

98642非常時の重要情報のためTVの画面を掲載。

今日の未明に起きた地震が本震で15日から発生している地震は前震との発表がされて、地震の予知や予測はできない事を露呈したのではないでしょうか。

地震学は一度崩壊でしょう・・・。

つまりまさに地震が起こっている最中で、あらゆる観測を九州で集中的にしているにも拘わらず、昨日までは昨日の第一波が本震であり、余震が続くと発表されていました。余震は本震を超える事はないと一般的に思われている油断で、本震が起こり広い地域で第一波を超える地震波を受けた・・・このそのため亡くなった人や被害が再び拡大しております。

これでは地震予知や地震確率なんて・・・絶対無理でしょう。
何も知らない一般人に対し、さも地震予測が出来るような期待をさせないで頂きたいと強く、強く思います。

もし本震が直ぐ来ることがわかれば非難避難や対策もとれたはず・・・
これは地震学に関わる人には猛省して頂き、一度地震学会をサラにして新しく立ち上げるくらいの必要があると思います。命をかけて壊れた建物内で救助活動する人を馬鹿にするような訂正発表。わからないならわからないと言え!(言葉が荒くなりすみません)。わからない事をわかっているように誤解させるのは科学者ではなくペテン師です。

ここで・・・
「今はそんな事を言っている場合では無い」
とか言われますが、今だからこそ本震を注意喚起できなかった関係者には強く謝罪を求める必要があると思います。

そしてこの本震と余震の訂正の意味、重要性は今後殆ど報道されないと思われます。それが今の地上波の報道でしょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする


コメント

  1. オーブルの浅間です。 より:

    西裏のS様、五十嵐様
     コメントありがとうございます。
    おっしゃるとおりです。
    私は現場で命をはって救助又は支援されている方までもが誤報やいい加減な情報で危険さらされる・・・ことに対し自分で出来る事をしたいと思っております。幸いこのブログは1日1000以上のアクセスがコンスタントありますから、情報発信して少しでも科学的コンセンサスを共有し、拡散できたらと思っております。もし同意できる内容なら、出来る範囲で発信してそれが繰り返されれば多少なり人が変わってゆくかもしれません。
    そんな想いです。

  2. 五十嵐 より:

    日本はこんなもんでしょう。なにも地震学だけではない。医療関係、建築、不動産取引関係、地方議員、国会議員等々詐欺、ペテン師といわれるやからが多い気がします。

  3. 西裏のS より:

    将来のため地震の学問にはより力を入れていっていただきたいとは思います。ですが、仰る通り現在の地震学は地震の予知や予報を出せるレベルには全く至ってない訳です。今回もそれがしっかりと確認できました。この点をハッキリさせておくことは我々一般人が身を守る上でとても重要な事と思います。
    あたかも地震予知が既に可能であるかのようにふるまっている学会と国、そしてジャーナリズムの欠片もない報道各社の行っている事はまさにペテンでしょう。各方面、国民全体に対して詐欺を行っているに近いですよね。本当に憤りを覚えます。