「 2016年02月 」一覧

「高崎の家」着工・・・

Dscf2202

昨日日曜日は群馬県高崎市で「高崎の家」工事請負契約の立ち合いに伺ってきました。
途中の関越道三国トンネル前のPAの写真・・・
雪がありません。例年この時期は3mぐらいあるのに0.5~1mもない積雪。先回のときも話しましたが大変珍しい光景です。

続きを読む


「無難」な愛される家を目指す「緑の家」①

無難・・・

意味を調べると

欠点がないこと、とりたてて非難すべき点もないが、さしてすぐれてもいないこと。危険の無いこと。また間違いのないこと」

とあります。

これって・・・凄い良いことではありませんか。
取り立てて優れていなくとも、間違いないとか欠点がない事はそれだけで優れている事だと私は思います。

よって・・・これからは無難な「緑の家」と呼び、さらに無難を極め愛される家を目指します。

続きを読む




18年前から真夏通風はしない・・・宣言

Photo春秋は通風をするが・・・網戸がない「緑の家」。

「緑の家」は真夏の通風は実は事務所設立から止めております。海の真ん前の自宅では25年間そのように暮らしてきました。

そのことでこの度・・・更に自信を深めることがありました。

続きを読む




雑談 カビのこと

最初に・・・時と共に常識がいつの間にか変わっている事・・・

Mclarenhonda_mp4314最新のF1カーは前が相当広い ホンダ公開写真から抜き出し

その一つにレーシングカーは前輪のトレッドが後輪より広いのですね(間違いでこれはアングルのせい)前後はほぼ同じ。これは全く逆の事を想像しておりました。これは子供の頃のスーパーカーの代表機種のポルシェなどがリアトレッドが広いスタイリングに洗脳されたからでしょう(今もそうなのかな?)。確かに紡錘形を考えれば後ろは小さくなりますし、パワー量やハンドリングも変わった・・・その結果なのでしょう。

続きを読む



弁天橋通りの家 模型完成

Dscf1815シンプルな形状を心がけたが何時も「緑の家」より複雑?

北側道路の弁天橋通りの家。

北側道路の時は、1階南側に窓を取ることはむずかしい・・・
だから北側の窓の計画がとても重要です。

続きを読む


INKBIRD 温湿度計到着 

Dscf1956全数開封して事務所で一日放置・・・。

現在商品チェック中・・・
事務所のこの環境では全数誤差無しレベル・・・。
流石です。私が取り寄せた大手メーカー品は10個取り寄せると数個エラーが出ます。
なぜ米国で取り扱う温湿度計は国内品と違うのか・・・そこがわかりません。

続きを読む




足利市 家富町の家 基礎打込み

Dscf1924渡良瀬川にかかる中橋。足利市の中央を貫く昭和10年竣工の橋。しかも綺麗にメンテされている。

美しい橋です。

最近は大型部材で造るので、こんな繊細な部材を組み合わせて造る橋は最近は無いでしょう。多分コストもかかるわりには構造耐力も今の橋より強い事はありませんから、多分新たに造られることは無いので、今後これらの橋を壊すこと無く長持ちさせてあげたいですね。

続きを読む


西裏館3丁目の家 完成時気密測定

2016年02月17日緑字加筆

Dscf1837まるで真冬の景色。降り積もる事務所前道路。

今日は足利市にコンクリート打ち込みの工事監理行くはずでしたが、手配の行き違いで明日なりました。ご覧の通り新潟県平野部は多めの積雪で明日になってよかったです。

そこで今日は西裏館3丁目の家の完成気密測定に立ち会う事ができました。

結果はC値0.4cm2/m2です。

続きを読む


全熱交換換気扇って本当は・・・

2371

潜熱は無視した時の比較。全熱タイプの顕熱交換率70%は低めとした。ただ80%でもそう大きく変わらない

 

87653

潜熱は無視した時の比較。全熱タイプの顕熱交換率80%とした場合は「緑の家」と顕熱換気は同じくなる。

高性能住宅の換気として人気があるのが第一種全熱交換型換気扇ですが、これは潜熱を考えないと、とても効率の悪い換気システムです。
上の図は「緑の家」の換気にる損失熱を1とすると2.6倍も熱を捨てている換気システムで、最もよいのは顕熱換気システムの0.85です(潜熱分は無視)。

続きを読む


床下エアコン冷房が難しいわけ③

床下エアコン冷房が難しいのはわかったが・・・ではどうするの?

ということで6年前の図を少し手直しご案内します。更に家電の消費電力が激減しているので潜熱負荷割合が多くなる家が増えたので、再熱除湿運転の絵に変えました(2016年09月修正)。

image0354_2_2
近年の個室に標準設置のCFがある「緑の家」真夏の夜間。外部湿度も90%と現実的。

これが一番単純なエアコン配置と目標温湿度です。

続きを読む


11年ぶりにブロードバンドルーターを更新

Dscn7655矢印が11年使い続けたブロードバンドルーター。そういえば一度交換したから2代目だった。

11年前に光ファイバーを導入し、それから11年使い続けたブロードバンドルーター(同じ機種2代目)を交換しました。最近ネットの引っかかりが多くなり(勝手に再起動してIPアドレスを変える)、壊れる前に取りかえようと思って半年前にブロードバンドルーターを買っていたのですが、セットアップするのが面倒なので今日になりました。

続きを読む


床下エアコン冷房が難しいわけ②

2016_1_29_23空気には質があり、冷房時では乾いた空気ほど価値が高い。

床下暖房と床下冷房の違い

床下エアコン暖房については先回の説明で、

とても快適・・・
加えて簡単・・・
コストも最小(イニシャルコスト)

と説明しましたが、

床下エアコン冷房は新潟および北陸地方、関東以南の沿岸部ではとても難しい冷房方式です。これは床下の高さが低い高い事とは関係はありませんし、空気と蒸気の特性ですから解決するには、ある程度のエネルギーが必要です。

続きを読む



床下エアコン冷房が難しいわけ①

2016_1_2938

床下エアコン暖房については過去、

とても快適・・・
加えて簡単・・・
コストも最小(イニシャルコスト)

と説明しましたが、

同じエアコンで床下冷房することは大変な危険を一つ持っております。それが・・・先回も説明した

ドレン管のつまりです。

特に外壁より離れてエアコンを設置する場合に注意が必要です。

続きを読む


日本の気候は様々 そして地形も・・・

2015_2_suzuki_suna_hattoriこの画像はHEAT20の技術紹介にあるこのPDFの2ページに手を加えたもの。もし問題あるなら削除してお詫びいたします。

あるセミナーで、北方研の鈴木先生が示した上のパワポ・・・これってとてもよいデータで大変意味がありますね。
ただし、一般の人がみて勘違いしないように緯度を合わせるように加工しました。何を加工したかというと、緯度をあわせるように日本を低緯度に下げました。

続きを読む




建て替え理由はカビ・・・その⑦ 補足

誤解のないように改めて申し上げますが、

「建て替えは理由はカビ」

はまだ仮説です。

温暖多湿地での基礎断熱住宅は軒並みかび臭くなるのか

この結論は時が示してくれると思います。

20年後・・・浅間が間違っていたのか、それとも正しかったのか。

続きを読む








建て替え理由はカビ・・・その③

2016_1_2951出展:文部科学省 「カビ対策マニュアル」

その3ではなぜ30年でかび臭くなるか・・・を考えたいと思います。

この上の図は家の中で代表的な乾性カビ「黒麹カビ」の胞子が発芽する日数を表しております。出展元は文科省の文化財保護でまとめられた資料からで、大切な宝物をカビや虫から守る為にその専門家でまとめられたマニュアルです。

続きを読む


超高断熱 壁はグラスウール換算で350mmの寺尾西の家 その窓

今日は寺尾西の家に少しお邪魔しました。

Dscf15433月末完成の寺尾西の家。何時ものようにギリギリ工期で現場は殺気が出てきた。

寺尾西の家は「緑の家」のSS標準プランですからUA値も妥協のない0.24w/m2Kと県内最高ランクとなっております。そして・・・先回「ウッドサッシには注意が必要」の回でお伝たえした雨がかりを防ぐ庇は、樹脂サッシであっても標準なのが「緑の家」の窓に対する想いの真骨頂です。

続きを読む



建て替え理由はカビ・・・その①

Dscf8882カビは30億年前から存在する人より遥かに、遥かに・・・大先輩。

私共は住宅の新築の設計を生業としておりますが、その新築は「建て替え」と「住み替え」に分けることが出来ます。
建て替えとは、今住んでいる家を取り壊して「同じ場所」に新たに家を造り再びその地に住むことをさします。
「住み替え」とは、現在住んでいるところとは別に土地を求め新たに住宅を取得する事で、住む場所が変わるということは転勤だったり、環境の変化を求めることが住み替えの新築の理由であったりもします。
そこで新築の理由としては建て替えの時と住み替えの時は少し違う事になる可能性が高いのです。無論建て替えでも住み替えと同じ家族構成が変わったとの理由もありますが、建て替えの理由は、その建築物を壊すという住宅の寿命を左右する大きな決断を下す理由が必ずそこに含まれております。

続きを読む



新潟の気候ではウッドサッシには注意が必要。その2

2016_1_2923庇でウッドサッシとサッシ枠周囲を雨から守る。

高断熱ウッドサッシは木で出来ております。よって水が掛かれば大小はあれ必ず伸び縮みは、アルミや樹脂サッシより大きくなる事は容易に想像出来ます。またウッドサッシ周囲も木で造られていれば、同様で外壁、サッシ共に伸びたり縮んだりしています。・・・それが木材です。

続きを読む





1 2