「 長岡の家 」一覧





長岡の家 完成1 夜景

長岡の家では、アプローチに屋根の掛かっている門がある。これは雪国ではよくあることで、雪が降っている時に雪を振り払ってから玄関に向かう等に便利である。

続きを読む




細部の気遣い・・・と超高断熱Ua値0.27w/m2

壁TVの影はレタッチによる。僅かな壁面だから、より壁面らしく見えるこように扉と壁の素材を同じくした。

長岡の家の家族の間はコンパクトで壁面が限られている。そこで壁自体がスッキリ納まるような仕掛けとしてフラットな扉の収納を造り付けた。

続きを読む




冬の見学会 床下暖房の体験

残り2枠。
当面の間、この記事はトップページに固定。(夜枠を設けました)

別棟の外部収納とカーポートが気持ち良く同じ高さで配置される。門と一体化している外部収納は庭仕事をお考えの方には必須アイテム。

長岡の家の完成見学会を行います。駐車スペースの関係から時間一枠あたり原則1組様とさせて頂きます(電車でお越し頂ければ2組様になる予定)。

お申し込みはお電話・メイルでご連絡お願いします。

日時 11月17日、18日(土・日曜)

場所 新潟県長岡市中島(長岡駅から1.2kmで徒歩15分) 場所はご予約時にお伝えします。

続きを読む





長岡の家 耐力壁のチェックと防水シート

長岡市に建設中の長岡の家の耐力壁チェックに昨日伺った。

正午の気温は35度以上になるので、ふらついて足場から落ちてしまっては、全ての人に迷惑がかかるので、日差しが少し弱まる16時から18時まで行った。それでも西日は辛いが、現場で働く職人さんの前でそんな事を言ったら「」(笑)ので平気な顔をして行う事が肝心。 続きを読む


長岡の家 上棟と湿気のコントロール

施工は見附市の小出建設さん。監督さんの段取りもよく無事に上棟を迎えた。

先日、長岡の家が上棟した。

耐雪2.5mで耐震等級3の極めて強い耐震性を確保するため、3階や小屋裏もないのに2階の桁上に厚さ28mmの合板を敷き込む。この時注意する事が湿気の処理である。

続きを読む


長岡の家 基礎工事終了

基礎梁が上から見られない部分はスラブに埋め込まれた基礎梁がある。スッキリした単純な区画でどこが収納に使われるか一目でわかる素直な基礎。

超高断熱高気密の長期優良住宅の認定を積雪2.5mで耐震等級3を取得した長岡の家・・・。その基礎工事が終わった。

この写真から凄い事がわかる・・・。

続きを読む





長岡の家 地鎮祭

今日・・・長岡の家の地鎮祭が行われた。

一度は他の敷地に設計を始めたが事情がありそこは中止に・・・。

でもその時からこのプロジェクトの名前が

「長岡の家」

だったからか旧長岡市街地に敷地は変更・・・。なるべくしてなったような気がする。

 

続きを読む


多雪地域の市街地に住む・・・
耐雪2.5Mで耐震等級3、超高断熱で高基礎の模型完成

正面入り口に門を兼ねて外小屋を設け、歩道との結界をつくる。正面バルコニーは長岡花火をみるためだけの計画した。

表題の通り耐雪2.5Mで耐震等級3の「緑の家」です。

この性能は雪の無い関東では耐震等級5(設定はないが仮に法律の2倍の耐震性を等級5とした場合)くらいに相当します。無論Ua値0.28w/m2K(未確認)の超高断熱高気密で高基礎の床下暖房の家となります。

続きを読む