「 家の論評、業界裏話 」一覧


2012年建築学会論文発表から その1

Dsc08275

今年の建築学会の大会で発表される論文は大凡8000です。凄い数で、建築系論文発表の大会は医学系論文の発表大会の次に大きな催しです。

この多さはやはり実社会に直接与える影響=金額も大きいからでしょう。物理、数学は基礎的な学問で最も大きな影響を与える基礎学問と思いますが、直接実社会にもたらされる事(企業利益)が少ないので、研究費が多くない=論文数が少ないか、ハイレベル過ぎて論文が書けないから少ないの両方でしょう。

続きを読む



30年以上の解体建物から学ぶ・・・

Dsc08002 解体される既存住宅。立派な屋根が取り壊すことを躊躇させる。

弁天橋にまた「緑の家」が建築されます。
それもネットゼロエネルギーハウス※として・・・。

※・・・ネットゼロエネルギーハウスとは住宅内で使用される主な消費エネルギーが、搭載される太陽光発電パネルによる創出エネルギーと相殺されて0以下になる家。さらにその上に先進的省エネ技術が搭載される家。

続きを読む


ネットゼロEハウスと住宅のゼロEハウスの両方提出完了!

昨日のアクセス数は1700/日を超え、最高記録を更新しました。なぜ昨日?何でだろう・・・。
まあでもありがたい事です。合掌・・・さて、

Dsc07453

10日ほど前から始めた国の補助金申請作業・・・

明日が必着なので、実質今日が締め切りです。

午前中に投函終了・・・・作業完了です。

続きを読む


東桂苑 関川村⑤ 実は当時の最先端技術

Dsc07186 矢印の所が「せいがい」と思われるような意匠。もっとも注目して頂きたいのは外壁。「緑の家」と同じベベルサイディング(横張)。軒の出は2m近い。

東桂苑は明治後期の建築です。

上の写真を見ると・・・何となく 雪の多い地域らしく「せいがい造り」の感じが見られますが、実は現在の多くに見られる「せいがい和小屋造り」ではありません。

続きを読む




補助金の申請をします。

「緑の家」で家を計画しようと思っている皆様へ

今年の家の補助金は

1.ネット・ゼロ・エネルギーハウス支援→最大360万

2.住宅のゼロ・エネルギー化推進事業→最大165万

3.地域型住宅ブランド化事業→最大160万120万

です。

このうち6月22日が締め切りなのは1と2です。こちらの補助金のうち2はSSプランの家に太陽光発電を載せるだけで標準仕様でOKです。もしお考えの人はご連絡を頂けるとありがたいです。当事務所へのお申し出は申し込み事務作業がありますから、6月10日頃までとさせて頂きます。

続きを読む




家の工夫で涼しい家・・・できません。

Gurafu1 ある県内住宅メーカーのチラシに書かれていたグラフ。ホントにこのグラフは正しいのか?

こちらのグラフは、ある住宅メーカーのチラシに書かれていた数値を書き直したものです。

このメーカーは自然素材を使う事と断熱+自然の通風+床下冷熱を使う事で、2010年の夏に外気が40℃近くの時に室内は、エアコン無しで31度だったと自慢しております。

ここで普通の人は凄い家だ・・・と思いますが、私はこと環境系は得意分野(自称)・・・

ホントかな?と思い調べると・・・

続きを読む


さいたま市の総合庁舎から

緑字2012.05.22 事務所にて加筆

今埼玉県のさいたま市でこのブログアップ中。後で修正があるかもしれませんが、とりあえずアップします。

Dsc06946見事なアトリウムのある埼玉県の合同庁舎1号棟。この付近はあたらしい建物が多くい。20年前来たときと全く違う景色。

今日は埼玉県さいたま市でネットゼロ住宅の補助金説明会・・・。
すごい人数で補助金24億円を1400棟分あるのだが・・・計算すると逆に1県あたりに30棟しかない。これではすぐに埋まるだろう。

続きを読む


昨日の講習会 地域グループ化で補助金

このブログは新幹線で書いています。今日は大宮で補助金(建て主さんへの)の講習会。昨日も補助金の講習会(地域グループ→建て主さんへの)と今週は補助金に振り回されております。よって後で加筆修正が予想されますがとりあえず移動中の時間でアップします。

Dsc06945久しぶりにビックスワンにいった。7年前にアルビを見て以来。

東北電力ビックスワンで上の題の講習会というか説明会にいってきました。

続きを読む


大和ハウス工業 営業停止

2012.4.27日加筆

ネットは大企業にとって恐ろしいですね。

http://www.google.co.jp/search?sourceid=navclient&aq=hts&oq=&hl=ja&ie=UTF-8&rlz=1T4ADFA_jaJP450JP450&q=%e5%a4%a7%e5%92%8c%e3%83%8f%e3%82%a6%e3%82%b9+%e6%a5%ad%e5%8b%99%e5%81%9c%e6%ad%a2

http://kenplatz.nikkeibp.co.jp/article/building/news/20120406/564289/

超大手ハウスメーカーが営業停止です。
詳細はわかりませんが、営業停止とは穏やかではありません。大手でも零細大手以外でもかわりないのですね。なるほど・・・基礎を造り忘れたのかな~。

続報
ネットで調べると2007年に発覚し裁判で争っていたそうです。しかし行政処分が下ることをしておきながら、裁判までもつれるとは、大手はさすが資本力にものをを言わせますね。個人建て主さんは大変でしたでしょう。


今月の日経ホームビルダーから   不法行為の問題

Dsc06130 日経ホームビルダー2012.04号。

昨日に引き続き日経ホームビルダーの記事から・・・。いつ見ても業界がどっきりするような内容です。

ある高裁の判決があり、建築関係者にはとても厳しいが、建て主さんには喜ばしい判決が出ました。 詳細を知りたい方は日経ホームビルダー2012.04月号を購入してください。

続きを読む



今更ながら家中冷暖房が必要な訳とは・・・

High_p2

なぜ家中暖房しなければならないか知ってますか?

22年前から私達はこのような事を問いかけてきました。

でもこの事が一番大事なのです。

当ブログのファンのかたには「釈迦に説法」ですね。

あっ・・・家中冷房の方は好みで、無理に必要ありません。私は好みです。

続きを読む


日経ホームビルダー 良い仕事してます。

Dsc05540_2

いつもご紹介している業界の裏情報誌(建て主さんにとって)・・・日経ホームビルダー3月号。今回もなかなか読ませてくれます。

また、やはり日経ホームビルダー関連でこのページの窓周り(東京大学本郷キャンパスに建つ化学教室東館)・・・感動します。僭越ですが目指す思想は同じで緑の家の窓周りもこれと同じ小雨対策を考えています。

Dsc05072_2 彫りが深く小雨対策の水切り(SSプランの家)

Dsc05155 彫りが深く小雨対策の庇と水切り

続きを読む


SCOP(システムCOP)ってなに?とのご質問で

先日の「空気の読めない質問をしたかも 詳細偏」でエコキュートはエアコンと違ってCOPは2つあり、その一つがSCOPと書きました。そのSCOPはいくつなの?との質問を受けたので、過去のこのブログをお読みください。

http://arbre-d.cocolog-nifty.com/blog/2009/05/post-e876.html

 

またガス給湯器との比較はこちらをご覧ください。

http://arbre-d.cocolog-nifty.com/blog/2011/01/post-2803.html

です。


ナイスです。日経ホームビルダー2月号

Dsc04876

久々に日経ホームビルダー2012年2月号から・・・

ナイスです!

良い記事ですね。さすが建て主さんには見せたくない業界雑誌ですね(当事務所はどんどん紹介しますが)。

多分、工務店の人も気づかない構造のお話をわかりやすく記事にしてます。是非一般の建て主さんも買って読んで頂ければ「えッ こんな事も今まで気が付かないの?」と、いかに工務店・建設会社さんが構造に○×か、わかります。

続きを読む


追記 スマートハウスは省エネ?エコ?なのか?

最初に・・・

14,15日に行われる構造見学会の詳細をHPにアップしましたので是非どうぞ。左のバー「見学会のご案内」をクリックしてください。

先回・・・

スマートハウスに使われる蓄電池は有効な設備か?

という題目でブログを書きました。

そもそも大手ハウスメーカーが勧めるスマートハウスは省エネなのか?エコなのか?については以前説明したとおり、殆ど省エネやエコに対し貢献はしておりません。

続きを読む


有名な建築の技術系雑誌に寄稿 ~パッシブデザイン~

Dsc04347

なんと建築専門系では技術誌として一番有名な「建築技術」に寄稿しました。

発売日は12月17日(本日)の2012年1月号です。

題名は「新潟のパッシブデザイン」です。

これは住宅評論家では日本一有名な南雄三氏が、毎年恒例(1998年には既にあった)の断熱や気密等の温熱環境の事を「建築技術」に企画寄稿している中のもので、今年は私を寄稿者の一人に推薦して頂けました。

Dsc04363当事務所にある最も古い連載初期の「建築技術 1998年11月号」。技術者業界では既に13年前には高断熱高気密からエコハウスだったのです。無論執筆はこの頃から南雄三氏。既に13年続く企画。

続きを読む


建て主さんに厳しい現実

この記事は建て主さんにとってとても厳しい現実だろう。4割も住宅が基準法違反。それも生命の安全性に関わる大事な所。

http://kenplatz.nikkeibp.co.jp/article/building/news/20111111/555290/#comment-201111210846

上のページが見られない場合は、無料登録すれば閲覧できます。

その下のコメントも凄い・・・。

びっくり!!

続きを読む



新潟の家 超高断熱だけで良いか? ③床下内は清潔?

11当時築30年の床下。当時はこのように下は平らではなく木が左右にあり、湿っぽく蜘蛛の巣やカビ、ゲジゲジ、ムカデもいる。今はこれほど酷くはないが、それでも綺麗ではない。

床下が綺麗だと思っている人は、きっと自分で床下に潜って作業したことがないのでしょう。家のメンテナンスは人任せで、本当は家のメンテナンスに興味がない人だと思います。

続きを読む



査読論文から  家庭分野Co2削減のシナリオですが・・・

2011.09.23誤字文脈加筆修正Dsc03211

何回かご紹介している査読論文です。

そして一番新しい論文集から今日はご紹介します(私見解なので各自様でその内容をご判断ください)。

最初に「CO2削減のシナリオ」と表題に有りますが、このブログの常連さんは私が「地球温暖化防止」についてはあまり興味が無く、逆に寒冷化より温暖化が好ましいのでOKと主張していることはご存じだと思います。ではなぜこの論文を取り上げたか?

1.CO2削減はエネルギーを効率よく使う技術が多いのでこれは賛成

2.この論文者は村上周三氏が共同発表者なので。

3.原発推進者に利用されないためにあえて私見解で解説

です。

続きを読む



今年のお盆はほぼ休み無し・・・だった。

今年のお盆は半日を除いてほぼ事務所で仕事をしておりました。このためブログの更新も8日間途絶えました。皆様 すみません。

実は・・・

7月後半に納入された構造ソフトが、売り文句とは違いほぼ使えないソフト(私にとって)であることに気づかされるまで2週間費やし、8月上旬に返品し他のソフト購入し、その2週間遅れた仕事を少しでも挽回するために、お盆中は事務所で缶詰状態で仕事をこなしました。

さて仕事以外の半日とは・・・

毎夏、姉が寺泊に避暑(とは言っても暑い)に来て頂けるのですが、その姉をご主人のご実家である会津若松へお送りしたついでに観光して来ました。

Dsc02798

続きを読む



新潟 家造りに最も大事にしたことは「独立性・・・」かな?

私は新潟県内では殆どない「独立」した設計者です。

なにそれ?

と思われる方がいるとおもいます。

過去14年の事務所の売り上げの95%は建て主さんから設計工事監理料です。普通は同業者間で仕事のやりとりがありますが、当事務所では皆無です。

実はこれが一番の強み(建て主さん側に立てる設計者)なのです。

続きを読む


優れた専門家ほど全体が見えない事も・・・かも

あるTV番組で「100ミリシーベルト以下の多少の放射線被爆ならかえって健康に良い。そんなに怖がらなくても良い。だからお母さんや保護者が過剰反応過ぎ」と言っていた専門家に、司会者が

「では、今すぐに貴方が福島第一原発敷地内に行って100ミリシーベルトまでならそこで従事しても良いですか?」

と聞いたところ

「直ぐ行っても良いですよ」

その後小声で

「勿論、放射線量計を所持してね」

だから・・・

続きを読む



1万棟の建築基準法違反  トステムのサッシ

2011.02.25茶色字加筆

ネットでは様々な議論や憶測もあるようですが、今回の事件(とっ言って良いと思います)は相当根深いようです。

日経ホームビルダーで切り込んだ記事を書く事で有名な「池谷氏」が国交省で資料請求開示を要求したら中が殆ど真っ黒に塗りつぶされた資料を開示されたそうです。これを開示と呼べる物かどうか・・・。国民のための政府ではなく天下り団体を擁護する政府なのでしょうか?とにかく真相を・・・池谷氏を応援したいとおもいます。

http://kenplatz.nikkeibp.co.jp/article/building/news/20110222/545953/?ST=Kenzai

無料会員登録が必要かもしれませんが、この納得できない情報開示資料を是非一度ごらんください。

当事務所の緑の家は一棟だけY社のアルプラの防火を使っています。Y社は今のところ大丈夫そうですが多分同じになるでしょう。

2011.02.21緑字加筆 更に2011.03.09加筆

びっくりしました。

準防火地域に使う事のできるサッシ(1階3m、2階5m)は防火仕様戸でなければなりません。その為あえて高価な防火仕様のサッシを使うのですが、これが所定の防火基準を満たしていなかったとの報道を目にしました。

続きを読む


建築士を震撼させる事故

何時も気になる記事、建て主さんにもためになる記事がある

日経ホームビルダーの最新3月号の紹介です。

一般の人も買える業界紙ですので興味ある方はネット購入して下さい。

結構業界の事が書いてあり面白いですよ。ネット検索すれば直ぐわかります。

さて、今月号は

Dsc00879

建築士を震撼させる事故の記事がありました。

続きを読む



阪神淡路大震災と断熱義務化の遅れ

また今年も1月17日がきます。6000人以上が建物の圧死で亡くなった阪神淡路大震災から早16年です。そしてこの寒い時期だからこそ身にしみる「断熱の話題」を絡めて読み解きます。

建て主さんがお読みになると大変ショックかもしれませんが、多分本当の話です。

続きを読む


新潟の家 屋根の拘り・・・③ 重い屋根を支える柱の工夫

Dsc00124表玄関 町家であるため玄関や門は武家屋敷とは別物。玄関上部左右に神棚?があり写真のとおり土間は巨大である

最近はあまり他の建物を見に行かないのですが、先回お話ししたとおり「ワクワク」するもがあり渡辺邸の改築現場を見に行きました。そのまとめです。

時間の都合上、30分程度しかいられなかったのですがその時の興奮は建築士としての心がざわめくような「ドキドキ」で、大変興奮した一時でした。
因みにこの大変暗い工事現場内を撮影するため新たにコンデジを購入するほどの入れ込みです。これは後日紹介します。

続きを読む


最近の事務所・・・②

Dsc00161 事務所が入っている築33年の建物。こんな古い建物でも足元には緑が建設当初から植えられております。
ようやくリフォームの足場も取れようやく普通な外観に・・・。工事中足場の悪い中ご来店頂きました皆様ご迷惑をおかけしました。

さすがに綺麗になりました。色も以前の薄い茶色ピンクからアイボリーベージュに変更。できるだけ明るい色で夏の日射を吸収しないようにとチョイスしました。

続きを読む


1 4 5 6 7 8 9